20万円のギターは一生の友達!?

音楽
スポンサーリンク

こんばんは、たくわんです!

この間Twitterでこんなやり取りがありました。

お相手は「フリーランスで行こう!」の作者であり、25歳まで超真剣に音楽をされていた高田ゲンキさんです!

 

ぼくのなにげ無いけど結構悩んでいた質問を「ポンと」投げかけたら、丁寧に今後の道をそっと教えて頂きました。

現在はフリーランスのイラストレーターとして場所にとらわれずに働いておられます。

 

そんな事もあり、今日は音楽のことについて書きたいと思います!!!

ぼくが買ったのはラリビーと言うメーカーでアコースティックギターを買いました。

値段は20万円。

 

スポンサーリンク

20万円のギター(アコギ)ってどうなの?

始めは1万円。次に3万~5万円・・・とご自身がレベルアップするにつれて良い値段のするギターがほしくなるものだと思います。

そう!ぼくもギターの魅力にはまった1人なのです。

*ギターの魅力は長くなるので、別で書きたいと思います。(笑)

 

気になる結論から言いますと、「20万のギターはめちゃめちゃ良いよ!」

楽器店で試奏したときには感じられなかった、所有欲と言いますか

憧れていたギターがずっとあると言うのは、それだけでテンションが上がります。

 

ギターはもちろん良いことは間違い無いのですが、ギターケースがかっこいい

いかがでしょうか?始めこの開けたときのギターの美しさが、とても印象的に残っています。それに青色。格好いい。。。

 

メリット

強引に例えると、高級車に乗っている感じです。

 

原付とか安いバイクでは無くて、30~40万位するバイクに乗っている感じです。

(ぼくはバイクの経験しか無いので)

乗っているだけでテンションが上がる。持っているだけでワクワクするような力が高価なギターを買うと得られます。

 

・音がイイ!

これは言うまでもありませんが、めちゃイイと感じるしぼくみたいな人はなおさらです。

始めに買うギターは大体1万円くらいでしょう。

ぼくもその1人でした。その次に買ったギターは3万円くらいのフェンダーのアコースティックギターでした。その次がこの20万のラリビーのギターです!

 

価格の高低差半端ねぇーーー!(笑)

 

スポンサーリンク

 

だから今までと違って特に低音弦の響き方、音の綺麗さが全く違っていたので買って正解でした。

今もいつでも弾けるように常に外に出しているので、ふとした瞬間(たまたま部屋にあるギターと目が合う瞬間)に弾いてます。

ライブ音源がありましたので音が気になる方はご覧下さい→ https://youtu.be/jy2FckVel2w

こちらはほぼ単音弾きですが、このギターを使って弾いています。

こちらの方が分りやすいかもしれません

 

聞いて頂いたら分るように、低音の音が鳴りまくるのでまるで一緒にベースを弾いているようなサウンドになり、音により深みを増すんですね。やっぱりイイギターは違うと言うことですね。

・ギターを褒めてもらえる

「音イイね」とか「いいギター」と褒められる事がよくあります。これは非常に嬉しいものでどれくらい嬉しいかというと、自分の息子を褒められるくらい嬉しいです!(一度も親になったこと無いのに(^_-)

 

なかなか気持ちの良いことです。

 

デメリット

・値段が高い

「新しいギター欲しいな」と思っても中々すぐに出せる金額ではありません。ぼくは2年くらいローンを組んでずっと払っていました。(金額は忘れましたが)

この時確か島村楽器さんで、ローンを手数料かからずに組める!という感じだったと思います。なので購入に踏み出すことが出来ました。

 

ギターが好きなのであれば、一生使っていける高額なギターは持っておいて損はないと思います。

 

・大切すぎて、傷が付いたときのショックがすごい

ぼくが、過去に2回ギターに傷を付けています。どこかにぶつけると言うことは、当たり前のようにありますが、大きなものです。

1つは遠目で見るとその傷は分りませんが、当時のショックはとても痛かったのを覚えています。精神的に来る感じです。かなりへこみました。m(_ _)m

 

2つめは跡に残る傷ができました。2つとも自分が悪いんですけどね。

この2回目となると何だか気持ちが変わってきて、逆に「使用感があるギターってかっこよくね!」となってきたのであまり気にすることはありませんでした。

 

値段が変わるだけで、精神的ダメージが大きいのでご注意を!

 

まとめ

結果、20万とは言わず自分の好きなギター買っちゃいましょう。

 

その分アルバイトやメルカリで稼いだら良いんですよ。

それよりそれを手にした未来を想像した方がずっとワクワクしますよ!

「ギターを持ってライブがしたい」「ギターを買ってバンド組みたい」「ギターをずっと弾いていたい」それだけ熱量があれば20万とか余裕ですよね。

絶対買え!と言っているわけではありませんよ(笑)

 

ちなみにぼくは公園でギターをジャンジャン鳴らすことが好きです。

それでは楽しいギターライフを!

 

ご覧いただきありがとうございました。