ハードケースからカッコイイ!!20万円の高いギターとは?

ギター
スポンサーリンク

こんばんは、たくわんです!

1万、3万円するギターを買ったら次にちょっといいギターがほしくなる!

と思うことがあります。

 

ぼくもそうやって20万円のギターを手にしました。

 

実際に使った感想をいうと、「20万のギターは最高!」です。

 

当たり前の感想で申し訳ないですが、

それほどまで圧倒的に、これまでのギターとは違いました!

 

こちらに該当される方は参考になりますよ。

・もっといい音でギターを弾きたい!

・20万するギターってどんな感じ?

・本格的じゃないけど趣味で、良いギターを持ってみたい!

ちなみに

ぼくが買ったのはLarrivee(ラリビーと言うメーカーで、ドレッドノートのアコースティックギターを買いました。

 

あまり聞いたことのないメーカーだと思いますが、音がいい!と色んな人が褒めてくれます。

音源はこちら▼

 

 

スポンサーリンク

 

20万円のギター(アコギ)ってどうなの?

実際に手に取ると、楽器店で試奏したときには感じられなかった、所有欲と言いますか

憧れていたギターがずっとあると言うのは、それだけでテンションが上がります。

 

メリットなどをお伝えしたいのですが、まず言いたいのが

ギターケースカッコイイ!!

ギターが良いことはもちろん間違いないのですが、ギターケースがかっこいい

 

この感動は3万円代のギターでは味あうことができません。

 

しかもギターの大きさに合わせたハードケースに入っていて、初めて開けたときのギターの美しさが、とても印象的に記憶に残っています。

 

青色、格好いい!!

 

関連記事→[ギター歴10年]実際にやっているギターメンテナンスのはなし

メリット

ざっくりあげるとこんな感じです。

・音がイイ!

・弾きやすい

・ギターケースがカッコイイ!!

・持っているだけでテンションが上がる

・きっと一生の友達のような大切なギターになる

「持っているだけでテンションが上がる」というのは

車でいうと高い車、バイクなら

原付バイクではなく、30~40万位するバイクに乗っているイメージです。

(車はよく分りません)

 

乗っているだけでテンションが上がる。持っているだけでワクワクするような力が高価なギターを買うと得られます。

 

そして、あなたの一生の友達のように大切な存在になるのは間違いないかと思います。

 

たとえ自ら傷を付けてしまったとしても

あなたにとってギターが欠かせないのならば、全てを受け入れて一生の友達のようにずっと大切に使っていくでしょう!

 

スポンサーリンク

 

Larrivee(ラリビー)実際の音源!

 

ライブ音源がありましたので音が気になる方はご覧下さい→ こちら

 

このギターを使って弾いています。

 

こちもラリビーで弾いています。

 

聞いたらわかるように、低音の音が鳴りまくるのでまるで一緒にベースを弾いているようなサウンドになり、音により深みを増すんですね。だから迫力のあるサウンドになります!

 

またギターを褒めてもらえるのも嬉しいことです!!

「音イイね」とか「いいギター」と褒められる事がよくあります。これは非常に嬉しいものでどれくらい嬉しいかというと、自分の息子を褒められるくらい嬉しいです!(一度も親になったこと無いのに(^_-)

 

なかなか気持ちの良いことです。

 

デメリット

・値段が高い

「新しいギター欲しいな」と思っても中々すぐに出せる金額ではありません。ぼくは2年くらいローンを組んでずっと払っていました。(金額は忘れましたが)

 

島村楽器さんで、ローンを手数料かからずに組める!という感じだったので購入に踏み出すことが出来ました。

 

ギターが好きなのであれば、一生使っていける高額なギターは持っておいて損はないと思います。

 

・大切すぎて、傷が付いたときのショックがすごい

ぼくは過去に2回ギターに傷を付けています。

どこかにぶつけるということは、当たり前のようにありますが、大きな傷はショックがでかいです。

 

1つは遠目で見るとその傷は分りませんが、当時のショックはとても痛かったのを覚えています。精神的に来る感じです。かなりへこみました。m(_ _)m

 

2つめは跡に残る傷ができました。2つとも自分が悪いんですけどね。

この2回目となると何だか気持ちが変わってきて、逆に「使用感があるギターってかっこよくね!」となってきたのであまり気にすることはありませんでした。

(その後さらに傷は増えますw)

 

値段が変わるだけで、精神的ダメージが大きいのでご注意を!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ぼくが20万するギターを買って正解だったのか?というと

 

大正解でした!!!

 

今までと違って特に低音弦の響き方、音の綺麗さが全く違っていたので買って後悔はありませんし、思い切って買ってみていい買い物になりました。

 

[買おうか迷っている人へ]

高級なギターを1本持っているとこれ以上ほしいという欲はなくなります。

自分にとって良いギターを1本持っているというのは、それだけで安心感を与えるのかも知れません。

 

20万とは言わず、自分にとって合うギターを探してみていただけばと思います。

また、言いたいことは

それを手にした未来を想像した方がずっとワクワクしますよ!ということです。

 

「ギターを持ってライブがしたい」「ギターを買ってバンド組みたい」「ギターをずっと弾いていたい」

などの熱量が購入の不安よりも勝っていたら

買ったほうがいい!とぼくは思います。

 

ちなみにぼくは公園でギターをジャンジャン鳴らすことが好きです。

それでは楽しいギターライフを!

 

関聯記事→アコギのピック何選べば良い?オススメするピック「Jim Dunlop/ジムダンロップ」をご紹介!

 

ご覧いただきありがとうございました。