小説選びで何から読んだらいいか分らない人へ

本.漫画
スポンサーリンク

最初は「小説読んでみたいな」と思っていても何から読んだら良いのか、分りませんね?

私もその1人でした。


こんにちは、たくわんです。

  • 小説を読んでみたいと思っていても中々踏み出せない…
  • 一冊がまるまる読めるか分らない
  • どの作者がいいのか教えてほしい!


小説を読む前の私はこんなことを思っていました。

確かに手当たり次第読んでいくと好きな作家さんにであえることはありますが、必ずしも読みたい本が見つかるわけではありません。


別に最後まで一冊読まなくてもいいし、

少し読んでみて違うな感じたら別の本を探して、お気に入りの一冊を見つけてほしいと思います。


では読みやすい本とは一体どんな本なのか?

私がどんな風に小説を選んできたか?

や具体的な一冊をとりあげているので、これから小説を読んで見たいという人はご覧ください。


スポンサーリンク

小説は素晴らしいが、読むきっかけがほしい!

「芸能人が趣味で本を読んでる」「気になってる人が小説を読むことが好きと言ってた」

そんな感じのノリで私も小説デビューしたのですが、色んな作品を見てきて小説は素晴らしいと感じるようになりました。


好きな作家さん好きな小説と出会ってからそう強く思います。


でもなかなか読み始めるきっかけというのはないものです。

「〇〇さんも読んでるから私も…」といえど、まだきっかけとしては弱い。


なんせ小説を読むという習慣がそもそもないから書店にいって、買うという行動をとることができません。


私が最初に読んだのは宮部みゆきさんの「ブレイブストーリー」だったと思います。 始めは手探りで見つけた作品を読んでいました。


最初はそれから始まって好きになれば作者のべつの本を読んでいく。

という風な形で読み始めました。


しかし、最初から宮部みゆきさんの作品はオススメしません。(;゚ロ゚)

なぜなら、読んで理解することが難しいからです。

難しい言葉、漢字、独特の世界観があると読むことが嫌になりますよね?


なので、もう少し簡単は本の選びましょう。

オススメは西加奈子(にしかなこ)さんの作品です。「あおい」という小説が読みやすかったので、これから読む始める人におすすめです。

関連記事

読みやすい小説!西加奈子「おあい」


また小説を読み始めたい!!という人におすすめしたいのが

テレビの情報を参考にして本を探すという方法です。


アメトークという番組をご存じですか?

アメトーク/読書大好き芸人

雨上がり決死隊のお2人がやっている番組で、たまに「読書大好き芸人」という回があります。

各ゲストの方がオススメの本を紹介したり、本について語る回なので再放送が見れたら見て下さい。

すごく参考になりますし、読みたくなります。


ピースの又吉さん、オードリー若林さん、オアシズの光浦さん。このお三方は読書が大好きという芸人の代表的な存在で、本当に本が好きだということが伝わってくるし、読書好きの人にはたまらない回です。


良かった本などたくさん本を紹介をしていますので参考にしてみてください!


読書芸人(又吉直樹、カズレーサーカズ、光浦靖子)が独自の目線でプレゼンした本

  • 又吉直樹:国語の教科書に載っている本

・走れメロス(大人になって読むと非常に面白い)

・宮川ひろ/沢田さんのほくろ(一番最初に感情移入できた本!?)


  • カズレーサー、カズ:変わったギミックの本

・残像に口紅を(幽遊白書「禁句–タブー」の元ネタ)

・泡坂妻夫/生者と死者(袋とじをあけると長編ミステリー)


  • 光浦靖子:光浦が必ず泣ける本

・角田光代/八日目の蝉

・柳美里/ねこのおうち


ちなみに私は実際に本屋に入って目に止まった本を読んでみる

ということをやっています。


関連記事

京都の世界観から一変した森見登美彦作品

まとめ:小説は素晴らしい

私は今までたくさんの小説を読んできて何人か好きな作家さんを見つけることができました。作者によっては言葉の表現が違ったり世界観が異なったりするので、

言葉だけで表現できる小説はとても素晴らしいと想いました。


小説は言葉を読むことで色んなことが想像できます。

読むことで想像力が鍛えらますし、本の世界に連れて行ってもらうことができます。


まるで異国の地を旅しながら1人で考えたり、色んな体験をしたりして現実と想像を行ったり来たりする。そんな世界です。


好きな本を見つけたら新しい本を探してもいいですし、同じ作家さんの作品を色々探してみるのもいいでしょう!

ご参考になれたら、嬉しいです!


関連記事はこちら

読みやすい小説!西加奈子「おあい」

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク