「サイレントギター」は賃貸に住んでいる人、音を気にする人にオススメです!

ギター
スポンサーリンク

こんにちは、音楽好きなたくわんです。(^ ^)


楽しいギターライフを送れていますか?

そうではなく大好きなギターを環境のせいで弾けない場合は、辛いですよねー。


私は10年以上ギターを弾いてきてギターという楽器は本当に素晴らしいと感じています

ギターがこれほど好きだからこそ、伝えたいことが

大きな音が出せない環境にいてもサイレントギターという選択肢がある事

サイレントギターを使用することで、近隣に迷惑をかけることなく、ギターを弾くことができる

この記事を読んで

まだ希望や可能性があることを知ってほしい !と思います。


私も賃貸に住んでいてメインで使用するギターは、アコギ→サイレントギター

に変わりました。ですがサイレントギターを弾いていて苦情が来たことはありませんし、弾く時間と音量をきおつけていれば問題になることはありません。


この記事はこんな方にオススメです!

  • 「賃貸に住んでいて大きな音が出せない人」
  • 「アコギよりも音の小さいギターを探している人
  • ギターの音が「うるさい!」と家族に言われたけれど、どうしてもギターが弾きたい人

へ向けた内容です。


やりたいことを見つけた!と言うことはとても素晴らしいことです。

それを続けていくことで、もしかしたら人生が変わることだってあります。


だからギターを弾くことがすごく楽しいとかそれがギターに限らず没頭できることならば、続けてほしいと思います。


ギターはありきたりだった人生を大きく変えます。


スポンサーリンク

サイレントギターとは?!どんなギターか?

一般的にいう、フォークギター、アコースティックギター(アコギ)と違って

真ん中に空洞があいていないギターの事です。

そのため中で振動する音が鳴らないので、小さい音で弾けるギターです。


またたくさんの機能があることから、アコギとは違った可能性が広がります!



サイレントギターを使ってみての感想。メリット&デメリットもあります。

「YAMAHAのSLG200s」のスチール弦使用▼


ペグが高級感ある感じでかっこいいです。


メリット

  • 録音した音がふつうにいい音♪
  • 作曲時に使える
  • 音を気にせずに練習できる
  • 軽くて、持ち運び便利


また、ギターを録音するときにめちゃくちゃ便利です。

  1. つまみを変えるだけで音色が加工できる
  2. 音が静か
  3. チューナー付き
  4. 音がいい!!!


実際にサイレントギターを使い録音した動画をUPしてますが

つまみをいじるだけで、

めちゃいい音ですね^ ^聞き惚れてしまいそうです(//∇//)

という嬉しいコメントを頂きました。



音は気になるほど大きくはなくめいいっぱい力を

込めて弾かないかぎりは、周りへの迷惑にならないという印象です。

なので、「大きな音があまり出せない環境にいる人」「アコギより小さい音で練習したい」と感じている人にはオススメです。


また音が静かなのでアルペジオ練習とかピッキングも夜練習できますよ。


サイレントギターのデメリットは?

  • アコギと比べると少し弾きにくさがある(始めは)
  • 時間帯によっては、めいいっぱいかき鳴らすことは難しい

という印象を受けました。持った感じ、

アコギと比べると大きさが小さいので、最初は違和感がどうしてもありました。

アコギのように体にフィットする訳ではなく、個人差と思いますが若干の弾きにくさはありました。


気になる方は、弾きやすさとか楽器店で実際に試し弾きするのが良いです!


関連記事

「実際に比較!!」サイレントギターの音量はどれくらい?アコギと音を比較してみた!


サイレントギターの特徴

特徴とそれぞれの解説をしてきます。

特徴はこちらです▼

1.オーデオインターフェイスに繋いで録音が可能

2.ヘッドホンにつなぎ大きな音で練習可能

3.チューニング付き

4.ライブもできる

*ちなみにスチール弦とナイロン弦の物があります。



1.オーデオインターフェイスに繋いで録音が可能

こちらをご覧下さい

左から電源→ボリューム→ブレンド→トレブル→バス→AUX→エフェクト

ボタンの説明です。


このつまみをいじるだけで音色をいろいろ変えることができます。

AUXとはここにiPadなどの音楽プレイヤーをケーブルで繋ぎ、お好きな曲に合わせながら演奏を楽しむことができる機能です!

背面

こちらから、ケーブルをさしましてお持ちのオーデオインターフェイスに繋ぐことで録音が可能となります。


サイレントギターの電源ですが、

・単3電池2つを入れるか

・付属の電源アダプタをさす

付属の電源アダプタを使用する際、ケーブルの長さに限りがありますので

長さが関係ない電池を使用すると、録音時はかさばらなくとても便利です。


2.ヘッドホンにつなぎ大きな音で練習可能

練習するときに「もっと大きな音で練習したい!!」と思われる方も大丈夫。


お持ちのヘッドフォン(イヤホンジャックタイプ)を(上記のつまみの写真)1番右側に

差し込むことで、アンプに繋いだような大きな音での練習が可能となります。

気軽にヘッドフォンを差して練習ができますし、お好みの音に加工して練習できるのも

テンションが上がること間違いないでしょう。


大きな音で弾けるのは控えめにいって最高ですね。

しかも実際はアコギよりも静か


関連記事

「実際に比較!!」サイレントギターの音量はどれくらい?アコギと音を比較してみた!


3.チューニング付き

チューナー機能がついていますので、電源が入った状態でしたらチューニングも可能です。


4.ライブもできる

実際にライブをしたわけではありませんが、先ほどのチューニングも音色の加工も手元でパパッとできてしまうので、ライブ向きではないかと思います。


スポンサーリンク


まとめ

いかがだったでしょうか?

ぼくはずっとギターを弾いておきながら、サイレントギターという存在に気づくことができませんでした。

やっとそういう存在があるんだということを最近知って、今では欠かせない存在になっています。


なんと言っても最大のメリット

家で音を気にすることなくギターが弾けることがだと思います。

「賃貸で迷惑かかるかな~」と、音を気にしている人に

とってはいい練習相手になってくれますよ。(^_^)v


これからも楽しいギターライフを送りましょうね!


サイズ感とか気になりましたら、ぜひ楽器店に入って試し弾きされて見て下さいね!

最後に写真を載せて終わります。

サイレントギター

取り外し可能です!つけるのも簡単。ねじを回すだけです


サイレントギター


サイズはアコギよりも小さく、ボディが小さいぶん横幅がスマートです。


サイレントギター
片方掛けの小さなギターケースです

それでは

ご覧いただきありがとうございます!


スポンサーリンク