「サイレントギター」は賃貸に住んでいる人、音を気にする人にオススメです!

ギター
スポンサーリンク

こんにちは、音楽好きなたくわんです。(^ ^)


楽しいギターライフを送れていますか?


もしそうではなくギターが弾けない環境にいて困っている人は、この記事を読んでサイレントギターの存在を知ってください!

音を気にして我慢していたギターが弾けるかも知れません!!


「なんで好きな事を我慢しなきゃいけないの?」

私は10年以上ギターを弾いてきてギターという楽器は本当に素晴らしいと感じています

「夕食の時間を過ぎても弾いていたり、どんな時も暮らしに寄り添って側にいてくれる存在です。」


またギターが好きだからこそ伝えたいことがあります。

大きな音がだせない環境にいても他の選択肢があること

近隣に迷惑をかけることなく、ギターを弾くことができること


それを解決するのが今回ご紹介するサイレントギターです。


私は賃貸に住んでいてメインで使用するギターは、アコギサイレントギターに変わりました。「サイレントギターを弾いていて苦情が来たことがあるの?」と言われれば一度もはありませんし、弾く時間音量をきおつけていれば問題になることはありません。


こんな方にオススメの記事です!

  • 「賃貸に住んでいてギターの音を気にしている人」
  • アコギよりも音の小さいギターを探している人
  • ギターの音が「うるさい!」と家族に言われたけれど、どうしてもギターが弾きたい人


やりたいことを見つけた!と言うことはとても素晴らしいことですし、続けていくことで人生が変わるかもしれません。


だかやっていてすごく楽しいとか、それがギターにかぎらず、没頭できることなら続けてほしいと思ってます。


ギターはありきたりだった人生を変えます。


スポンサーリンク

サイレントギターとは?!どんなギターか?

サイレントギター

一般的にいう、フォークギター、アコースティックギター(アコギ)と違って

真ん中に空洞があいていないギターの事です。

そのため中で振動する音が鳴らないので、小さい音で弾けるギターです。


またたくさんの機能があることから、アコギとは違った可能性が広がります!



「YAMAHAのSLG200s」のスチール弦使用▼


ペグが高級感があってかっこいい



YAMAHAのSLG200s サイレントギターの特徴

特徴とそれぞれの解説をしてきます。

特徴はこちらです▼

1.オーデオインターフェイスに繋いで録音が可能

2.ヘッドホンにつなぎ大きな音で練習可能

3.チューニング付き

4.ライブもできる

*ちなみにスチール弦とナイロン弦の物があります。



1.オーデオインターフェイスに繋いで録音が可能

オーデオインターフェイスを使うことで、GarageBandやパソコンにギターが録音できます。

ボタンの説明です。

左から電源→ボリューム→ブレンド→トレブル→バス→AUX→エフェクト


つまみをいじるだけで簡単に音色を変えることができます。

AUXとはここにiPadなどの音楽プレイヤーをケーブルで繋ぎ、お好きな曲に合わせながら演奏を楽しむことができる機能です!

背面

こちらから、ケーブルをさしましてオーデオインターフェイスに繋ぐことで録音が可能となります。


ちなみにサイレントギターは以下の2種類の方法で使えます。

・単3電池2つを入れるか

・付属の電源アダプタをさす


録音時はケーブルがかさばるため付属の電源アダプタではなく、単3電池を使用するとても便利です。


2.ヘッドホンにつなぎ大きな音で練習可能

練習するときに「もっと大きな音で練習したい!!」と思われる方もサイレントギターを使えば大丈夫です。


お持ちのヘッドフォン(イヤホンジャックタイプ)を(上記のつまみ写真)1番右側に差し込むことで、アンプに繋いだような大きな音での練習が可能となります。


気軽にヘッドフォンを差して練習ができますし、お好みの音に加工して練習できるのも

テンションが上がること間違いないでしょう。


大きな音で弾けるのは控えめにいって最高ですね。

しかも実際の音はアコギよりも静かです。


関連記事

「実際に比較!!」サイレントギターの音量はどれくらい?アコギと音を比較してみた!


3.チューニング付き

チューナー機能がついていますので、電源が入った状態でしたらチューニングも可能です。


4.ライブもできる

実際にライブをしたわけではありませんが、先ほどのチューニングも音色の加工も手元でパパッとできてしまうので、ライブ向きではないかと思います。


続きまして、気になるサイレントギターのメリット&デメリットを書きたいと思います。



サイレントギターは始め弾きにくい?!気になるデメリットとは?

  • アコギと比べると少し弾きにくさがある(始めは)
  • 時間帯によっては、めいいっぱいかき鳴らすことは難しい


という印象を受けました。

持った感じアコギと比べると大きさが小さいので、最初はどうしても違和感があります。アコギやエレキのように体にフィットする訳ではなく、個人差と思いますが若干の弾きにくさはありました。


またいくら音が静か賃貸の人におすすめできる!といっても真夜中壁の薄い部屋では時間帯を考えて避けた方がいいです。

確かにアコギのように振動して伝わる音はありませんし静かです。しかしギターでストレス発散するようなジャカジャカ弾きたいという方はきおつけてくださいね!意外とスチール弦をはじく音は大きいので。


「じゃあサイレントギターは私には関係ないな

と思うかたもいるかも知れません。

ですがサイレントギターはイヤホンを繋げばジャカジャカ弾かなくても大きな音が出せるのでソロギターを弾いたり、大きな音での練習はもちろんいつでも好きな音でギターが楽しめるというメリットがあるのです。


気になる方は、弾きやすさとか楽器店で実際に試し弾きされてみてください!


関連記事

「実際に比較!!」サイレントギターの音量はどれくらい?アコギと音を比較してみた!


サイレントギターは音がいい!!メリットは?

サイレントギターは始め使いづらさは若干あるものの、使っているうちに不思議と慣れていきますのでご安心を。というか使えば使うほど便利なギターだなと思うメリットがあるので書いていきます。
定価6万円くらいしますが、ギター好き賃貸住みには1本欲しいギターです。



サイレントギターのメリット

  • 録音した音がふつうにいい音
  • 作曲、練習などで使える
  • 音を気にせずに練習でき、大きな音で練習可能
  • 軽くて、持ち運び便利


また、ギターを録音するときにめちゃくちゃ便利です。

  1. つまみを変えるだけで音色が加工できる
  2. チューナー付き
  3. 音がいい!!!


実際にサイレントギターを使って録音してる動画はありまして、細かい設定せずギターのつまみをいじるだけで、

めっちゃ嬉しいコメントを頂きました!


音は気になるほど大きくはなくめいいっぱい力を

込めて弾かないかぎりは、周りへの迷惑にならないという印象です。

なので、「大きな音があまり出せない環境にいる人」「アコギより小さい音で練習したい」と感じている人にはオススメです。


帰宅後に

・ソロギターをポローンと弾く

・夜にアルペジオの練習

なんて時も使えますね。


サイレントギターで録音した音源はこちら


「誰にも迷惑をかけずにギターを弾きたい!」

なんと言っても家で音を気にすることなくギターが弾けるのが 最大のメリットです。


「賃貸で迷惑かかるかな~」とかギターの音を気にしている人にとってサイレントギターはきっと救いの存在になり、よい練習相手になってくれますよ。(^_^)v


私はずっとギターを弾いていましたが、サイレントギターの存在に気づくことができませんでした。やっとそういう存在があるんだということを最近知って、今では欠かせない存在になっています。


ここまで読んでくれた方は、こんなギターもあるという事を知れたと思うので、大好きなギターをこれからも続けるように工夫してみてください!

これからも楽しいギターライフを送りましょうね!


サイズ感とか気になりましたら、ぜひ楽器店に入って試し弾きされて見て下さいね!

最後に写真を載せて終わります。

サイレントギター

取り外し可能です!つけるのも簡単。ねじを回すだけです


サイレントギター


サイズはアコギよりも小さく、ボディが小さいぶん横幅がスマートです。


サイレントギター
片方掛けの小さなギターケースです

それでは

ご覧いただきありがとうございます!


スポンサーリンク