[リゾートバイト]ホテル業の体験談

バイト
スポンサーリンク

こんばんは、たくわんです!

 

ぼくが3年前21歳の時にリゾートバイトを経験したときのお話をします。

 

同じ場所で働いていてもいろいろ会社があって、「ヒューマニックなら何円」とか会社によって給料が違います。

あえて社名は伏せます熱海(静岡)のホテルと軽井沢(群馬)のホテルで働きました。働きたい場所は自分で選ぶことができますので、やりたい仕事や行きたいところから探すのがいいでしょう。

 

リゾートバイトと聞いたらなんだか緩いイメージを持っていませんか?

普段のアルバイトとは変わらない、リゾートとは名だけの仕事内容。想像していたものとは違うギャップを感じたので、真実を書いていきます。

 

リゾートバイトの実際

もちろん住み込み、食事付き、弁当代自腹の所もありますが。

 

仕事は朝から晩までありそれが一番リゾートバイトで重要な事だと思います。

始めは特に「リゾート地で楽しく働ける!」と

つい思っちゃいがちです。ホームページの笑顔の写真を見たら誰だって、そう思ってしまいます。

 

ぼくは2カ所経験したのですが、どちらも働いている社員さんがいてお客さんがいます。会社はお客さんに満足してもらったり、ドンドンお客をさばいていかないといけません。ぼくたちのやることはホテル業でいうなら、それを手伝うことです。

 

どれだけ早くから起きて仕事をしているのか?眠かろうがつらかろうが、来てしまえば仕事をしなければいけません。またどれだけお客さんが来ても関係なく、仕事をします。

 

なので、話せる人や心分かち合う人がいるととても安心します。わざわざ遠くから来て、嫌になってすぐ帰ってきた。とならないためにも普段のアルバイトと変わらないんだよ!ということ。ちょっとつらいこともあるということを頭に入れておくといいでしょう。

 

熱海1

熱海2

 

リゾートバイト1.熱海のホテル

こちらのホテルは初めの教育の時間がしっかりとありました。テレビでも紹介されるとても有名なホテルなので、

長い時間プロジェクトを使ったり、マナーや言葉遣いなどの勉強をしました。

基礎がしっかりしているなあという印象です。

 

熱海3
夜になると浜辺にカップルが集まる海辺

熱海4

研修は朝の5時半から始まって、終わるのが15時半。

研修期間が終わると、もう少し時間が長くなります。朝シフトと昼シフトがあります。

 

ホテル業の仕事内容~バイキング~

朝のバイキング

・昼からのベッドメイキング

・掃除~終わり

 

朝のバイキングはお客さんの朝食時間のお仕事です。次々お客さんがくるので、与えられた仕事をいかにテキパキとこなすか、というイメージです。当然お客さんは朝なのでゆったりとしていますが、ぼくたちはテキパキと料理を並べたり、お客さんを席まで案内したり、帰った後の皿の片付け掃除等をします。

 

ホテル業でテキパキできない人は、正直向いていないかと思います。映画「マスカレード・ホテル」でも長澤まさみさんがテキパキしていましたね。(笑)

[リゾートバイトするならおじさんをクリック▼]

仕事ができないとせっかく覚えた仕事もクビになります。ホテル業はテキパキさ自分から動くことが大事ということを意識して下さい。

昼からのベッドメイキング

ベッドメイキングとは、お客さんがホテルから帰った後の部屋を掃除して、綺麗に元通りにする作業です。

 

これが結構しんどいm(_ _)m

 

特に褒められることは無いが、よりスピーディな作業が求められるそれがベッドメイキング!!!

やってみると分りますが意外と疲れる作業でした。有名なホテルだけに忙しかったです。

 

朝から(バイキング)急がされて、昼のベッドメイキングも急いで行ない、ロボットみたく働きづめの日々にどこかリゾートバイトというの感覚を忘れかけていました。

唯一の助けてくれたのは一緒に働いてた同じリゾートバイトの人達です。

 

スポンサーリンク

 

関連記事はこちら→25個のバイトを経験して、良かったバイト3選!!!

リゾートバイト2.軽井沢のホテル

軽井沢(群馬)で1ヶ月と20日くらい働きました。

10月

 

10月

時給は1,000円くらいでしたが、1ヶ月で20万近く稼ぎました。日本人のみなく中国人のインバウンドでこられる団体のお客さんがいたり、忙しかったです。

結果、残業代がたくさん付きました。

 

ここは少し変わった場所にありまして、

なんと近くにコンビニどころか、お店が無いのです・・・

 

1番近くて歩いて1時間以上・・・(あれっリゾートバイトしてる?)

 

トップ画像はそんな場所にある、「浅間食堂」と言うお店です!

 

ここがめちゃ上手い!!1時間歩けば、この定食が食べられます。バスもあります。

年をとったの老夫婦がやっている個人店みたいなお店でして、のんびりとした田舎にある心安らげるそんな場所。味付けは控えめに言って最高で、また訪れたく思うお店でした。

〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原710−7

 

話を戻すと、

標高の高い奥山。ある意味リゾート感。空気が美味しい。

 

そんな軽井沢で知らない人と同じ部屋の共同生活。もちろん男子寮と女子寮みたく分かれています。

ここは11月後半に雪が降るような場所で、とても寒いかったです。ちなみにぼくが一緒になったのは30代くらいの北海道出身のおじさんです。

 

リゾートバイトを経験して1つ疑問がこみ上げてきました。

「なんでこんなにも年配の方ってリゾバしてんの?」

11月後半

11月後半
かなり寒いです。
北海道のおじさん曰く「ここは北海道より寒い」だそうです!

仕事内容

朝、夕のバイキング、準備、片付けです。

・お客さんをテーブルに連れて行く

・料理を補充する

・皿を片付ける

・テーブルを整える

をひたすら繰り返す仕事がバイキングです。

 

お昼は中抜けといってだいぶ時間が空くので、その間に寝ている人もいました。

 

強く感じたこと

何より色んな場所から働きに来ていることがぼくにとっては新鮮でした。

 

愛媛から来た同世代の女性。福岡から来たちょっとなまりが気になった男性。中国からきた女性達!!北海道から来たおじさん(ルームメイト)。

 

そんな人達と同じ場所で働くという感覚が、不思議で「なんでこんな場所にまで来て、みんな働いているの?」。わざわざ標高の高い不便な場所を選び、全国いや、国を超えて一緒に働いているという感覚が不思議でたまらなかったです。

 

本当に不思議な体験でしたね。

 

軽井沢ではぼくと同世代の人もいましたし、1~2日だけバイトして帰って行く人も何人かいました。(短期バイト)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

何より「リゾバって本当に変わった人がいるな」という印象が強く残っています。

もちろんぼくみたく、「リゾートバイトって楽しそう」とやって来て、打ちひしがれる人もいますし、年をとってあとがないと言っていた人。同年代の女性。

 

そんな人達がたくさんいます。やりたいことが見つからない人も来ています。

やりたいことを見つけるためにも、やってみたいと思うなら行くことをオススメします!

帰ってきたら、やりたいことが「もう見つかっている」という可能性も0ではありません。

 

何歳からでもやり直せます。だってそこにいた年配の方が一生懸命働いたから。

まだ若者が迷うことはありませんよね!

 

それに空いた時間にふらっと周辺を散策出来るのもいい体験だとお思います。

 

「浅間食堂」のように実際に外に飛び出して、色んなものをみる。

そこで見つけた新しい発見。個人的には「良い店見つけたな~」という発見がたくさんあり、周辺の環境を歩いて色んな所をみる、こともリゾートバイトの楽しみです。

 

せっかくのリゾート地なので、そういった楽しみ方も出来ますよね!!

 

[リゾートバイトするならおじさんをクリック▼]

ご覧いただきありがとうございます!