「経験者が語る!」郵便配達員の仕事内容

バイト
スポンサーリンク

こんにちは!たくわんです。

どの配達員もこれくらい配達するのか?と言われればそうじゃないかも知れませんが、

ぼくが働いていた郵便配達、下請けでのお話をします。


配達は朝、昼、晩の3回あり、

決められた地域を朝から60件以上昼30以上晩30件以上

の配達を行ないます。


この配達数は目安で個人差があります。なぜならたくさん配れない人もいるからです。

しかし実際に60歳代以上のおじさんは1日に150件は配達を行ないますし、始めは150件配れ!といわれればめっちゃしんどいくて無理だと思いますが、慣れればそのくらい配れる人もいます。


労働環境は以下の通りでした。

  • 日給は9,000円
  • 時給で計算すると692円
  • 13時間越えの労働
  • 休憩少ない


皆さんはご存じないかもしれませんが、いつも見ているあの配達員は過酷な労働環境の中働いているのです。


スポンサーリンク


郵便配達員の1日の

朝:6時40分くらいに起きて、7時半に出勤。


▲ぼくの場合ですが、基本朝9時に荷物を配達できる準備ができていたら

大丈夫でした。


その日の荷物を地図で調べて、大量に荷物がある場合は朝何十個か置いておき、運べる量だけ積んで

9時頃には出発します。(運べない荷物は昼便に回したりする)


朝の配達終了時間が、12時または過ぎくらいで60件前後の荷物を配達をします。

平日は当然家を出ている人が多いので、もちかえる荷物が出てきます。

昼:14時30分~17時まで配達

荷物は30~40件くらいです。


軽自動車に詰め込める荷物は限られているので、上手く積み込む必要があります。

朝の不在荷物があり、あまり多くは詰めないし基本的に

家にいる人が昼の時間は少ないので、あまり配れません。


14:30というのは郵便局にいつも遅れて荷物が届くため、本当は14時に出発できるはずが14時を回ってしまうからです。

*荷物が遅れてくる理由も様々あり、記事最後に裏話として書いてます。


関連記事→「経験者が語る!」郵便、集荷の仕事内容

晩:18時~23時の配達

23時と書きましたが、あまりにも遅くなってこの時間です。

慣れている人は9時過ぎに全て配り終わり、そそくさと帰っていきます。


そりゃそうです。みんなこんだけ働かされて疲れていますから(笑)

朝:9時~12時過ぎ

昼:14時~17時 *休憩1時間あればいい方

夜:18時~21時。遅くて23時

これを見ると1日だけでも大変な事が分ると思います。


ちなみに朝の60件というのは大体、軽自動車に積んでいっぱいになる荷物の量です。もっと詰め込んだりそれでは乗らないから、助手席に積む人も何人かいました。


そして、次の日の朝6時40分に起きる。


毎日アラームに起こされるそんな毎日でした。ほとんど自炊はできず、昼ご飯は時間が無い為コンビニで弁当を買って食べる生活。


ぼくは労働環境が合わなくて辞めてしまうのですが、不思議とずっとつとめている方が多いのも事実です。


給料は良いと思います(歩合制の人は)。作業量に合っていない気もしますが(笑)



郵便配達員の給料

給料は歩合制と、固定給の2つがあります。

お客さんに届ける荷物を1個×〇〇円と計算する歩合制。


一般の方で1個配達完了100円くらいです。

不在の場合は完了できないため、多く配れる方や慣れている方は歩合制でした。


ぼくは配達の経験がなく、しかも初めての全く知らない場所でしたので1日1万円未満の固定給で働いていました。


意外に1日100個完了。つまり配達するというのは難しく80や90を行ったり来たりで結果、固定給で良かったと思いました。


また、郵便局で働いていた時はとにかく稼いで、たくさん出ていった(お金)気がします!

1人暮らしをしながら月に5万円は余裕で貯金できましたが、時間がなくコンビニ弁当に頼ることが多くなるので、体調管理は必要です!


関連記事→コミュ障のでも出来た。良かったアルバイト3選!!!

注)この例は、ぼくが働いた郵便局の下請の仕事内容で、全部書いている通りかと言われれば、違う所もあるかもしれません。一例としてご覧下さい。



最後に

個人的にはオススメしないバイトですね。

なぜかというと、体に良くないと思うからです。


朝早くて夜遅い仕事ですし、次の日も早い。また時間が無いことからコンビニ弁当に頼りがちで、偏った食生活になりやすいです。


それに雨の日、風邪の日。体調が悪くても出勤しないと回らないという職場環境は、ぶっちゃけおかしい!と思ってました。1人休んでしまうと色んな人に迷惑がかかります。(ぼくの所は(^^;)


今となっては笑い話ですが、シフトの休日の日も出てもらわないと困る。みたいなことを言われ、ほとんど休みが無いのに働くというブラックな経験をしました。


振り返りたくないくらいの経験ですが、ブラックな仕事を体験できた。と言う意味ではレア体験でした。(笑)

そもそもぼくの上司は月に1回くらいしか、休みがありませんでしたし…

関連記事→「経験者が語る!」郵便、集荷の仕事内容

コミュ障のでも出来た。良かったアルバイト3選!!!

ちょっとした、裏話

最後に郵便局で働いていたときに聞いた話を書きます。


知っている方もいると思いますが、郵便局よりもヤマト運輸の方が時給が良いです!

確か時給は驚くくらいあったし、ヤマトさんは下請け会社が入っておらずきっちりと会社です。なので、必ずお昼に1時間の休憩を入れないといけないそうです。


下請けは、休憩もくそも無かったですけどね(爆笑)

どちらかというとヤマトさんを考えて見ることが良いでしょうね!


先ほど荷物が遅れてくると言う話をしましたが、場所はあえて伏せますがある場所で

一斉に配達員さんが辞めた(ストライキ?)みたいで、そのせいで荷物が遅れてくる。と言う話を聞きました。本当かどうかは分りませんが、良い迷惑でした。本当に。


みんな「これは無理だ」とか遅れてくる荷物にどこかあきらめを感じながら、やっていたのを覚えています。ぼくもその1人でした。


あと、会社を通さずに郵便局と個人契約で配達している人がいました。これは希なケースだともいますが、その方は1日に200件以上配るめちゃ仕事できる人で

1個あたりの単価も普通の人より高く契約してしたそうです。


配達員の仕事も若い人はあまりいませんでしたが、何人か女性はいました。(^_-)

以上が郵便局、配達員の仕事内容でした!

ご参考までにどうぞ。

ご覧いただきありがとうございました。