「経験者が語る!」郵便、集荷の仕事内容

バイト
スポンサーリンク

こんばんは、たくわんです!


私は過去に集荷の仕事配達の仕事をしていました。

どちらも経験してどうだったのか?お互いにメリットとデメリットがありましたので、記事に書いています。郵便配達の仕事が気になる方はご参考下さい。


記事はこちら

「経験者が語る!」郵便配達員の仕事内容

どっちかというと仕事内容は集荷の方が楽でした。

朝は早起きしなくて良いし、仕事内容はあまり人とコミュニケーションを取らない仕事だったからです。


人と話すことが苦手と思うかたはあう仕事だとおもいます。あと若者で集荷の仕事をする人はあまりいないので重宝されました

若くて力があればお年寄りにはできない仕事できるので、時給が上がったりということもありました。


決してラクではありませんが話すのが苦手という人にはオススメできる仕事だし、仕事内容メリットデメリットを書いていますのでご覧下さい。

*これから書く集荷の仕事内容はあくまで一例です。


スポンサーリンク

約1年間、郵便配達(下請け)で働いていた!

ぼくは京都の郵便局の下請けで2017年の夏から1年間働いていました。

始めは、7月の繁忙期に「集荷」の仕事をしました。

軽自動車を運転して、朝9時前に始まり夕方6時くらいには終わる仕事です。


1日はほとんど一緒で、 こんな仕事をしていました。

 9:00~集荷

♠11:00~集荷 午前中の2つは1時間程度で終わります。

(たまに別の集荷を手伝う&昼食)

♠14:00~集荷 2時間未満で終わり、すぐに次に向かう

16:00~集荷 30分くらい

♠17:00~集荷 最後はお店の都合があるので、ちょっと忙しい

♠で区切らせて頂きましたが、1日に3回同じ場所に行きます。


まず朝9時前に出勤して集荷先に持って行く荷物を軽自動車に詰め込みます。

その荷物をある場所まで行って、積みおろしをし&集荷を行ないます。

*時間は結構シビアなので遅れると他の人に迷惑がかかりるので、遅れてはいけませんでした。


♠のマークの所は11時。14時。17時と1日に3回同じ集荷場所に行きます。

やることは同じで集荷をするのですが、機械を使ってサイズを打ち込み、車に積み込んでいきます。ここは荷物が多いので1番大変な所でした。その日によって多い(物量)、少ないがあるので、とにかくテキパキとした動きが必要になります。


また最後の17時はお店側も「早く帰りたい」と思っているので、なるべく待たさずに素早い行動が求められました。

荷物は何かというと、「お線香」で、大きさは軽いものもあれば、大きくて重たいお線香もありました。


慣れてきたら打ち込みや荷物を軽自動車に積みこむ作業も早くなりますが、何十個も何百個もやっているうちに体力も減ってくるし、

お年寄りの方は腰が痛い」と言いながらもやっていたのを覚えています。

こういう仕事は体力のある若い人に向いていて、お年寄りができない仕事ができれば時給が上がることもありました。


その作業が終わるとお線香を軽自動車にいっぱいになるまでたくさん積んで、持ちかえり、下ろします。

となると作業は重い荷物を積み込んで、また下ろすということでお年寄り方は厳しいと思います。がぼくの所は元気な60代のおじさんがやっていました。

かなりタフでした。(^_^)v

関聯記事

「経験者が語る!」郵便配達員の仕事内容


16時の集荷は階段を2階上がって荷物を受け取るという簡単な作業でした。

階段の上り下りが、大変ですが一通りの流れを覚えてしまえばどの年代でも出来る内容となっています。


また集荷の仕事はだいぶ空き時間があるので、ゆっくりと休憩出来ます。

朝は、日によりますが1時間くらい余裕があるときがあったりします。つまり自分次第で作業が早く終わるし、

休憩時間を上手く使いながら比較的簡単に出来るのがこの「集荷」の仕事です。



郵便局集荷の仕事!メリット

朝が早くない

朝が苦手という方で郵便局で働きたいという人にはオススメですね。

住んでいる場所にもよりますが、朝は9時に出発できるように出勤していました。(ぼくの場合)

郵便局の仕事はわたしが知る限り配達員、集荷、郵便局の中での仕事(内務)の中でも、集荷は朝ゆっくりとできる仕事です。

人付き合いが少ない

これはメリットだと思います。わたしみたいに人としゃべることが得意じゃない人でも出来たので。やり方さえ覚えてしまえばほとんど1人で出来る仕事なので、慣れたら自分のペースで仕事が出来ます!

人と話すの苦手だな~と感じている人はあっているかも知れません。



郵便局集荷の仕事!デメリット

給料が少ない

やはり荷物を運ぶ配達員より給料が少ないないと感じます

休憩入れて8時間働いても、日給6,000円くらいです。

基本的にお年寄りが多いので、「年金で足りない分だけ働いている」とか「配達員みたいにがっつり働きたくない」といった40~60代以上の方がほとんどでした。


がしかし例外もあります。

元気な20代や若者にはできる仕事もたくさんありますので、優遇される可能性が高くなります!

そうやって入ってすぐに時給が上がるということも、可能になるので

若いって素晴らしい!!!ってなりました✨


デメリットを考えたのですがあまりなく、入ってすぐに集荷の仕事をして楽しかったのを覚えています。

この条件なら悪くないですね。あえて言うなら、荷物が少し重いくらいです。

結論: 20代の若い方~60代のお年寄りの方まで幅広く活躍できる仕事

集荷は慣れてしまえば1人で黙々と出来るので、しゃべることが苦手な方もできる仕事内容です。

ずっと1人でいる。と言うことはあまり良くないので、そこは周りとバランスをとってコミュニケーションして下さいね。


あと運転が出来ること。

免許持っていることが必須ですので運転が苦手、心配な方はやめておいた方が良さそうです。

事故につながりますし、自分の得意の分野で努力した方が絶対に自分の為になると思います!

それでは、集荷の仕事内容を終わります。


合わせて郵便局配達員の仕事内容もお読みください!

めっちゃ大変なんです、配達員は・・・

記事はこちら

「経験者が語る!」郵便配達員の仕事内容

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク