[これからアルバイトをする人へ!!]面接時にきおつけるべき、自分を守るためにすべき事

バイト
スポンサーリンク

こんにちは、作曲家を目指すたくわんです!

 

これからアルバイトしよう!!と思っているあなたへ書きます。

 

以前にこんな記事を書いているように↓

6年間のバイト経験をやってみて、学んだ事をここに凝縮してみた

 

ぼくは現在アルバイト歴6年目で、今までに25個以上のアルバイトを経験してきました。

今も現役でアルバイト生活をしています。

 

1番伝えたいメッセージは、ちゃんとした選択をして自分を守って欲しい。ということです。

 

この選択が曖昧だと、もしかしたら会社に思ってもないくらいにこき使われたり、自分の意思が通りづらくなるかもしれません。

 

だから今からアルバイト始める人は、色んなことを明確にして下さい。

それをしっかりと面接時に伝えて下さい

自分の意思条件をはっきりと伝えること。

 

それが今後のアルバイト生活を円滑にスムーズに行えるコツになるとぼくは思います。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

アルバイトで自分を守るために気を付けるべきこと

なぜ色んなことを明確にするのか?

これはアルバイト先にもよる話ですが、自分が提示した条件が曖昧だとやりたくもない仕事を会社の都合で、やらないといけなくなるからです。

 

条件というのは、例えばこんな感じです。

・週に何回は入れる?

・勤務時間はどれくらい?

月にどれだけ稼ぎたい?

・少しの残業は許せる?

といった内容です。

 

経験から言わせて頂くと、この内容が曖昧でしたら

自分の首を自分で絞めること」になります。

 

「月にどれだけ稼ぎたいのか?」を赤線で弾きましたが、ここがはっきりしていると全てを逆算して

「勤務時間これくらいでいいよね?」「じゃあ週に〇回だね!」ということが明確になります。

 

誰も会社の都合で働かされて、ストレスをためたくないですよね?

 

ではあなたがすべきは、条件を明確にし伝えることです。

 

ところで、自分の首を自分で絞める?とはどういう意味なのか?

お伝えします!

例:勤務時間を曖昧に伝えてしまったら・・・

一例としてお話します。勤務時間を曖昧にしてしまったが為におこる障害はこちらです。

・会社にこき使われる

・ストレスがたまる

・ミスしてしまう

・怒られる…

あなたは面接時に勤務時間はどれくらい働きたい?と聞かれ

 

「7時間くらいでお願いします」と答えました。

 

ちなみに残業はできますか?残業といっても少しなんです。と聞かれ

 

「大丈夫です」と答えます。

 

その少しが会社によって違いますが、きおつけて下さいね!

あとあと言っていることと違うじゃない?となりかねませんので。

 

そうしないと会社が回らない」とか「繁忙期は忙しくて無理だよ」とか訳わからないこと言ってきて、しまいには

休日出勤してくれない?」と言いだす始末。

 

これはぼくが実際に体験してきたことです。

消耗するのはあなたですからね。

 

みぜんに防ぐために、自分の首は自分で絞めないよな選択をして下さいね!

 

なので、事前に決めておくことをオススメします!

 

関連記事→25個のバイトを経験して、良かったバイト3選!!!

 

ぼくが感じたこと

巡り巡って最終的にたどり着いたのは、自分が悪いよね!という答えでした。

 

自分で首を絞めてしまったのは自分の責任だし、ちゃんと明確に勤務時間を伝えていなかったのは自分だし、疲れが残ったまま仕事してミスしたのも自分のせいです。

 

そう考えるととても辛くなります。

言われたとおりにやって来たのに、誰からも褒められることなく、当たり前のように扱われてやるせなくなります。

 

ぼくはこの経験をしてまた学びました。

もう2度と同じことはしないように今後のアルバイト生活また別の場所でも活かせたら良いなと思います。

 

君たちの時間は限られている

だから無駄に誰かの人生を生きないこと

「スティーブ・ジョブズ」

 

スポンサーリンク

 

まとめ

はっきりとしない答えが招くデメリットはいかがでしたか?

 

ちょっと想像するだけでも恐ろしかったかも知れません。

 

でも大丈夫です!

あなたが稼ぎたい金額を出すことで、その他のこと(勤務時間、週に何回)を明確に提示できたら、障害も最小限に少なくなります。

 

もし条件にそぐわなかったら、別のアルバイトを探すのも一つの手ですよ!

 

明るいバイトで生活が

待っていることを願います!

 

バイトを始めたと思った方はこちらからどうぞ▼

スポンサーリンク