映画「海月姫」,のんさんの演技が良かった!

映画
スポンサーリンク

この映画はとある古びたアパート天水館(あまみずかん)に住む

オタク女子友達(尼~ず)の「男を必要としない人生」を心に掲げた、ゆる~い共同生活に

突如

現れる女装美男子の登場で尼~ず、また女装男子の物語が変わっていくというお話です!

 

スポンサーリンク

主演のんさんのオタクっぷり、可愛さが出ていた!

初めからのんさんのオタクぶりに強烈な印象を受けました。

主人公月海(つきみ)は、クラゲオタクで人との関わりが苦手、という女の子です。しかしクラゲの話になるとテンションが上がってしまい自分でも抑えきれないくらい熱弁してしまう、そんなクラゲと天水館(あまみずかん)を愛した人物。

あの強烈な早口でクラゲについてしゃべるシーン、そしてメガネを手で「キリッと」させるしぐさは必見です。月海演じるのんさんのオタクっぷりがはまっていて面白かったです。まるでオタクを側で見ているかのような感覚にさせるのは、演技が上手さだなと思いました。

時より見せる女の子っぽい瞬間が男性目線から見ても「これは可愛い!」と思いました。おこがましいですが、文句ない主演としての演技をでした。

 

菅田将暉さんの演技は人としての魅力を感じた

菅田将暉さんは個人的に好きで何度か見させていただいていますが、流石という魅力的オーラがありました。そんな蔵之介の役は、少し変わった女装して女と男を演じる役です。一見難しそうな役ですが、難しい役でもこなすのが菅田将暉さんです。(たぶん)女装させてもめっちゃ似合ってましたし、足が長くてスタイルも良くて見た目女の子で完璧に女装姿がはまっていました!(^_^)

 

この本を読んで、菅田将暉さんの魅力はもしかしたら父親からきているのではないかなあと

思ったりします。

これは菅田将暉さんの魅力だと思うのですが、彼の言う言葉にはとても説得力がまして聞こえるのです。
あまみずかんの住人(尼ーず)の人達を何度も説得するシーンがあるのですが、彼の言う言葉には説得力が増し、「それいいね!」「できる!やろう!」という言葉を聞くと不思議と見てるこちらまで勇気づけられているようなパワーを感じました。
ストーリーが進むにつれて蔵之介の存在が際立つ重要な人物になっていき、スタイルや人柄などを兼ね備えた蔵之介役に、菅田将暉さんがとてもしっくりきました。

海月姫と歌の世界観がぴったり!?

曲はSEKAI NO OWARI さんの「スターライトパレード」「花鳥風月」「マーメイドラプソディー」の3曲です。
どの曲も良かったですが、特にエンディングの「マーメイドラプソディー」が海月姫の世界観とぴったりで、映画の良さを引き立ていました。
もちろん映画も良かったので、「良い作品だったな~」という印象が残りました。
スポンサーリンク

まとめ

個性的なキャラクターがいて、オタクワールドが楽しめる映画です!また音楽が上手くはまっていて、展開も早く飽きることなく、見れますので総合的に見て良い映画でした。見終わった後に少し優しくなれるような映画です。主人公の月海演じるのんさんの演技は必見です!

特に他の作品を見てきた人は彼女の変わった一面が見れるのではないでしょうか。

関連記事はこちら→ネットの世界を分りやすく描く!?ディズニー映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」。

ご覧いただきありがとうございました!