合唱に青春。繊細な気持ちを描く、映画「くちびるに歌を」

くちびるに歌を 映画
スポンサーリンク

こんにちは、たくわんです!


映画「くちびるに歌を」の舞台は、長崎県の五島列島。

合唱コンクール全国大会を目指す

15歳の青春映画です。


「くちびるに歌を」を見て、子供の頃のまっすぐな気持ちに動かされ、一生懸命な姿とひたむきに一つのことに打ち込むあの頃の青春がよみがえりました。


15歳というまだ大人になりきれない 難しい年頃ですが、何かに打ち込むことは、やっぱりいいなと思いました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

それぞれの苦悩と15歳の繊細さを感じる演技

ナズナは合唱部をまとめる部長。男子にもはっきりと注意をするしっかり者のリーダーです。

しかしナズナの両親は訳あっていません。


みんなの前ではしっかりもので振る舞っているますが、時に教会に行ったり、逃げてしまうはかなさや繊細な女の子です。


ユリは、非常勤講師として合唱部の顧問を任せられた、元ピアニスト。

過去の事件から「ピアノを弾くと人を不幸にする」とピアノが弾けなくなっていた先生。


サトルは自閉症の兄を持ち、一時期はやりたかった合唱をあきらめてしまう少年。

それぞれの思いのなか合唱に打ち込む物語で、自分の過去と重ねながら見ていました。


15歳はとても繊細で壊れてしまいそうな儚さを持っているし、何を目標に生きているのか?「生きている意味」が分からない年ごろで中学生が一番厄介な年ごろだと思います。


でもどんな状況にいても今の環境に向き合うことで、何か新しい答えが出てくるよ!というメッセージ性を感じました。



逃げるな!あなたたちが今やることは、歌うことでしょ!!

あなたは、ここで戦いなさい。

「逃げていたら誰も救えないし、誰も救ってくれない」

映画「くちびるに歌を」より

この言葉は逃げてばっかりの自分に言われているような、「グサッと」刺さる言葉でした。


結構嫌だと思うことから逃げてきたほうなので、この年になってこの言葉が刺さりました。


また、合唱曲の「手紙~拝啓15の君へ~」が映画にぴったりはまってました。

関連記事→


まとめ

全体的に話が大きく変わることなく、テンポの良い作品でした。


映画「くちびるに歌を」は中学生くらいのあの頃の気持ちを思い出させてくれるし、元合唱部の人には共感する映画だと思います。


絶対に誰かは男子にもお構いなく注意するリーダーがいるだろうし、チームプレイの大切さや仲間に支えられて目標に向かう

場面は個人的に良かったです。


Amazonプライムで、映画「くちびるに歌を」は好きな時にスマホやパソコン、タブレットで見れます。

初めの30日間は無料です。それ以降は月に500円。気になる映画だけ見て、解約するのもありです。


まずは無料体験を始めてみましょう!



ご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク