9ヶ月を情報発信してきて、ようやく感じたお金を稼ぐということ

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、たくわんです

 

とつぜんですが、あなたはお金をどうやったら稼げると思いますか?

 

お金を稼ぐというのは相手に価値を与えるということだと

ぼくは思います。

 

ブログを去年の9月に始めて、約9ヶ月間SNSやブログなどで情報発信をしてきました。

ようやくたどり着いた答えが、相手に価値を与えるということ。

 

そんなことを言いながらぼくはブログで「飯が食えるのか?」といわれれば、まだ無理です。

 

しかし、この考え方を持つことできっと価値観や人生が変わるのではないかと

思っています!

 

こんな方にこの記事はオススメです!

・お金を稼ぎたいけど、具体的に何をしたら良いのか分らない人へ

・情報発信をし続けることで得られることが、知りたい方

 

スポンサーリンク

 

情報を発信することは、色んな人の人生にきっかけを与えること!!

なんとなくやっていたTwitterであるツイートに出会いました。

https://twitter.com/KouchouT/status/1124820966607953921

貫禄のあるアイコンにすごい経歴をお持ちの「校長先生」というお方。

経歴

基本給25万の金融会社に新卒入社→うつ気味で3か月で退社→詐欺に遭い60万失い貯金0に→稼ぐためブログを始める→全く稼げず萎える…

 

相当な苦労人だということは分ります。

 

ぼくはこのツイートで今までの考え方ががらりと変わりました。

 

「もっと記事を執筆しましょう!」

「もっと色んな人に人生を変えるきっかけを与えよう」

 

関連記事→脱初心者になる!ブログ6ヶ月目を向かえて、いまおもうこと

 

きっかけを与えれることは、尊いこと!

人生を振り返ってみると、ぼくに「ギター弾く」をいう

きっかけを与えてくれた人がいました。

 

当時14歳くらいでしたが、それから10年間ギターを弾いています。

自分で作曲した曲をYOUTUBEにあげたりもしています。

 

彼が与えてくれたきっかけがぼくを人生を変えたといっても間違いない、それほどぼくにとってギターは大切な友達みたいな存在です。

 

スポンサーリンク

 

では、何をしたらお金を稼げるようになるのか?

*個人的な答えです

 

やることはいたってシンプルで、人に価値を提供し続けることです。

例えば、

あなたが書いた記事が誰かの人生を変えるきっかけになれば、それはすごく価値のある尊いことです。

 

数が多ければ多いほどお金はあなたに巡ってくる、という考えです。

 

ここでいう価値とは、何でもいいと思います。

・知識を誰かに教える

・人を感動させること

・人の役に立つ情報を発信する

・音楽で人を癒やす

・誰かの人生を変えるきっかけを作る

 

その先にあるのは感謝された数で、お金だとぼくは思います。

 

お金を稼ぎたければ、相手に伝わる思いのこもったあなただけの価値を

提供し続けましょう!

 

ブログを書いている人に言います。

心配ありません、ブログを書いていることはすごく尊いことです!

 

あなたのブログは誰かの人生を変えるきっかけを書いているのです。まだ収入がないな~と思う人はまだ、

誰かの人生を変えるきっかけを作っている途中だ!ととらえ方を変えてみてください。ラクになりますよ。

 

スポンサーリンク

 

情報発信をする人に情報があつまる?!

ぼくは9ヶ月間情報発信と、尊敬する圧倒的に成果を上げている方が書いている

ツイートを読んできました。

 

先ほどの「校長先生」のツイートがありましたが、ぼくが書いたブログに「いいね!」をしてくれて、たまたま見つけたツイートでした。

 

きっとブログで情報発信をしていなかったら、巡り会わないような出来事です。

 

どこかで「情報発信をした方がイイ!」と聞いたことがあるかも知れません。

まさにその通りです。

 

思いもよらぬタイミングで必要とする情報が集まってきたりするので、めっちゃ大事なことです。

 

情報発信する人に情報があつまる。

 

まとめ

お金の稼ぎ方について知ったことで、少し考え方や希望が生まれたら嬉しく思います。

 

もう一度「お金」について考えるのもいいかもしれません。

 

お金を稼ぐことの意味を間違えてほしくないし、価値提供の先に収入があると

思えればまだブログを続けれそうな気がしませんか?

 

収益が少ないぼくは今後どうなるのか分りませんが、この考え方を知ったとき「人生変わるかもっ!」と思えたのは確かです。

 

それでは、まだ実績のないTAKUwanブログでした!