京都に2年間1人暮らしをして学んだ事&感じたこと

京都1人暮らし 一人暮らし
スポンサーリンク

私たくわんは広島出身で、21の時に京都に引っ越し→2年間住む

という経験をしました。



ずばり結論から言うと、京都はイメージ通り神社仏閣、風景、雰囲気を含め素晴らしい街だった!ということです。


がしかし、イメージとは違った部分がありましたので、京都人から聞いた性格にまつわる話歴史

個人的な意見京都の良さをこの記事では書いていきます。


中国地方から関西地方に出てきて感じたことなど、他県からみる第3者の目線を書いているので、

今後引っ越しを考えている人京都について興味を持っている方の参考になれるのではないかと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

京都の街に住んでみて、どう思ったか?

京都1人暮らし
世界遺産「仁和寺」

皆さんは京都と聞いて何を想像しますか?

  • 賑やかで栄えているイメージ
  • 古い建物や神社が凄そう!
  • お茶が有名(宇治!?)
  • 舞妓さんがいる
  • 日本の風情が楽しめる

などでしょうか?


僕も京都に住む前はそのようなイメージを持っていたし、

なぜか京都はずっとよい印象があったので、憧れでした。



 おそらく皆さんが思っているイメージ通り!!

京都は外国人観光客を毎日のようにみますし、


どこ行っても外国人だらけです。
住んでいる場所や観光客のおかげか、常に人が多く感じるという新しい経験をしました。


これが世界的に有名な「京都か!」という感じです。


中心地が栄えているのは、当たり前なのですが世界遺産や有名な神社の周辺はとても混んでいて、かつ歩道も狭いので特に清水寺周辺はパンパンになるくらいに人で溢れます


自転車は通れるレベルじゃないので、自然と車道に追いやられます。


これだけでも多いことが十分にわかると思いますが、さらに観光シーズンがあり

9月以降~秋にかけて国内、国外からの観光客がこれでもか!というくらい

増えます!笑


ですが、古い建物や神社は圧倒的な存在感があり、「京都ならではだな~」と感じる素晴らしさがあるのは事実です。


21で来たときに、京都を感じた瞬間は間違い無く、この壮大なお寺を見たときでした。

京都1人暮らし

東本願寺


また「辻利」の総本家が宇治市にあったり実際に行列のできるほどの抹茶のお店があるので、抹茶が有名だと思います。


宇治抹茶という言うだけあるので…

舞妓さんも実際に見たことがあります。



京都の風情は素晴らしいの一言では片付けれない

地元ではあまり感じることが出来ない風景を、たくさん見せてくれる京都は見るものを魅了する。

そんな魔法にかけてくれる場所でした 。

京都1人暮らし
左京区
京都1人暮らし
銀閣寺周辺


京都1人暮らし
鴨川


しかしこのイメージとは異なる部分もありましたのでご紹介します。

京都は同じ日本でも異なった文化

京都に来る前のイメージは、先ほども書いたように

  • 賑やかで栄えているイメージ
  • 古い建物や神社が凄そう!
  • お茶が有名(宇治!?)
  • 舞妓さんがいる
  • 日本の風情が楽しめる

でしたが、それとは異なる部分が実際に住んでみると分りました。

それは性格歴史です。


特に京都を語る上で、歴史は避けてとおれない大事な部分だと思います。


「京都人は思っていることを素直に話さない」と聞いたことがあります。理由は本音を言わないことで喧嘩になることを避けているそうです。

相手のことを思い遠回しに発言して、本音は直接言わない。言いたいことを言わずに平和に解決するという考え方のようです。


実際に京都人曰く「京都の人は性格が悪い」と言っていましたし、いけずと言ってました。

*いけず=意地が悪いこと


たびたび理解できない事もありましたが、それも価値観の一つだと勉強になりました。


性格など来る前には想像もつかなかったことですが、来てみると同じ日本で性格が違うことに、新鮮さを覚えました。


そうなったことも(性格)、京都の歴史が関係しているそうで、長い間京都に都があって、京都が日本の中心にあったことが、

大きな理由の1つとされています。


現在(2018年)は昔より変わってきているそうですがプライドが高い人が多く、京都人を名乗って良いのも、中心で生まれた人だけ!という暗黙のルールがあるそうです。

だから京都の田舎(福知山)出身の人が、出身地を聞かれた時はこう答えます。


「京都人ではありません、福知山出身です。」


なぜ、そのように言うのか?と聞くと

京都の中心で生まれた人しか、京都の人間と認めないという考えがあるからだそうで、その方は「自分が京都出身と名乗るのは、お恐れ多い」と言ってました。


出身地によって様々な風習があることを学べたし、ここまできたら全く違う環境だなとも思えました。


関連記事→

[フリーターが思う]1人暮らしで全く違う環境に住むこと

京都での生活は見るものを魅了し、圧倒的な存在感を放つ神社仏閣

何度も言っていますが見るものすべてが美しいと思います。

それは

  • 世界的に有名な建造物がたくさんあるから?
  • 激しい気温の変化に耐えて変わる風景が素敵だから?
  • 古い建物と近代的な建物が一緒に存在するから?
  • 頭の中で描いているイメージが京都はすごいと思ってるから?


想像で作り上げているもの。実際の建物を見て感じること。肌で感じる京都の気温。あふれかえる観光客と人。


それが錯覚だとしても京都が美しいと思えたのは、 それらがすべて複雑に絡まりあってできているのが京都だと思ったからです。


その時その時でみえる景色を変わり、飽きずに京都を楽しむことができると思います。

実際に行った人はそれぞれ違った京都を感じとれ、見るものすべてが新しくて、刺激的な日々を過ごせるでしょう。外国人は本当に多いですよ!(^_^)v


地元と環境が大きく違っていたのですごくいい刺激になり、その経験が今後の人生に確かな自信と考え方をくれました。


移動距離はアイデアに比例する

高城剛さんが言っていた言葉で、まさにその通りだなと思いました。


京都に行ったからこそやりたいと思ったことが生まれまし、 新たな挑戦によって気づきや出会いにもつながります!


様々な経験をする事で、今後の人生の活動が広くなると思っています。


今は離れてしまったけど、また行きたい!!と思えた

そんな街です。

関連記事→

[フリーターが思う]1人暮らしで全く違う環境に住むこと


ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク