あの頃(高校生)の心情はあまり意味は無かった。

生き方 考え方

こんにちは、たくわんです。


高校生の自分を振り返ってみようかと思います。

スポンサーリンク

高校生の頃の自分

 私の高校時代は、他人をすごく気にしていました。

何をするにも人の目があるので、フリーターの今みたいに居心地は良くなかったです。


例えば、修学旅行のクラス分け、友達との自由行動、仲間外れの友達、よくつるむグループ・・・

全てを否定したいわけではなくて、自分がふがいなかったなと感じるばかりです。

もっと意思があって「こうしたい」「いやこっちがいい!」とはっきりしていたら良かったのですが、私は周りに流されてばっかりでした。


特に仲がいい友達はクラスの中でイケイケ集団にいたので、私は

上手く馴染めず、変な立ち位置だったと思います。

どこにも属さない中立というか、空気という存在に

近いのかもしれません。(私の中では)


仲間外れにされていた友達を気にしてるけれど、上手く接する事は出来なかったです。

本当はその友達(仲間はずれにされてた)と一緒にいたかったけど、クラスの雰囲気を感じて上手く話すこともできず、

こんなに誰かの目線があるだけで、臆病になってしまう自分がいるというのが

今思うだけでも恐いです。


最初はそのイケている集団にいる友達といたので、その環境から変わることが恐かったのかもしれません。

修学旅行の自由行動の時も、本当は落ち着く友達といきたかったのですが、それもできず

大して仲の良くない友達を誘って、なんとなく歩いていました。


その時の感情というのはすごく複雑で、本当に楽しめていないな自分、

というのがありました。

素直に笑えないし、引きつった顔になります。


それも誰かに見られて、「かわいそう」とか「友達いないんだ」と思われたくなかったからでしょう。

本当に他人の目が私を生きずらくしていました。

でも今は、私がいけなかったよなと反省できます。


卒業も間近になってきた頃は、それも気にせずに普段の自分でいるようになりました。

それから、友達とも普通に話せたのですが・・・

今思うといい経験でした。(笑)


私が言いたいことは、

他人の目線は自分で決めた事で、それを気にすることは無いということです。

もちろん学生とか集団の場になると、そういう考えもできなくなることがあると思います。


それも1度外に出てしまえば、世界はまるで違って

いきやすいものです。

別に他人の目を気にすることもないですし、無理に人間関係を作らなくても普段の自分のままでいいんです。


素直に好きな物は好き。嫌いな物はそっとしておきましょう。

過去の私は周りと合わせていましたが、

いまは全くと言ってもいいくらい周りと関わらなくなりました。(気が合う人のみ)


無理して人間関係を作らなくなりました。

周りの意見なんて関係なくなりました。(自分は自分という考え方)

関わりたい人だけ関わっていたらいいんです。


無理に広げようとするから、あの頃の私みたいに

つらくなる。

人間関係がこじれるのだと感じます。


それも何もかも自分が無意識に決めていたことなのですが。


私の言葉が参考になるかも分りません。だってそんなに

人間関係を作るとか、友人が多い方ではないからです。

参考程度に聞いてください!


でもすごく中のいい友達はいます。広く浅くじゃなく、浅く狭いです!(笑)

だから、気の合う人が周りにいてくれる。それはとても素晴らしいことです。


そう考えると、色んな所で働くと気が合わない人はたくさんいます。

そっとしておきましょう。私はそうしています。

それでも何か理不尽なことをしてくるのであれば、自分を守りましょう!

ただこちらから、やられたらやり返す!なんてことは辞めましょう。


話はそれた気がしますが、結局いまの自分の心情というのはずっと変わらず昔からあった私自身なのです。

それは環境によって形は変われど、根底にありました!

今はとても生きやすいし考え方も変わりました。


あの頃の自分に問いたい、「それ本音?」と


ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク