知る人ぞしる日本のソロギターリスト「松井祐貴」

スポンサーリンク

こんばんは、たくわんです!

ぼくがソロギターリストの松井祐貴さんに出会ったのはYOUTUBEで「ハナミズキ」のカバーを見たことが始まりです。そこから始めて知って彼のオリジナル曲とか聞くようになりました。

全部ギター1本で演奏しています。そのテクニックのすごさと曲がよいのでご紹介します!

「ハナミズキ」→

 

スポンサーリンク

 

松井裕貴さんのプロフィール

現在32歳。神奈川県横浜市出身

ギターはピックを使わずに指でスラップ・ストロークを行ない、有名どころでは「押尾コータロー」のようなスタイルです。

独学でソロギターの独自奏法を取得。ギターをパーカッションのようにたたき、リズムを繰り返しながら同時にコードとメロディを奏でるスタイル。

 

アルバムも出しており海外でのライブも行なっている、国を超えたギターリストの1人です。

 

松井祐貴さんのツイキャスを見たことがあるのですが、結構何の告知もなく始まることがあり、あまり多くを語らないような印象を受けました。その分ギターで語るではないですが、完成度の高い松井祐貴さんの楽曲は「いいな~」と思わせるものを持っていると思います。つまり芸術作品と言うことですね。

 

オススメの曲!!

松井祐貴さんの曲を全て知っているかと言われれば、全然知りませんしアルバムも持っていませんがYOUTUBEで見た動画で良かったものをご紹介します!これを聴いて日常に彩りを付けてみて下さい(^_^)v

 

Flying to the future

夜に聞くとぴったりなこの曲。まずこの世界観が大好きです~!!

もちろん、メロディーとか言うまでもないです。曲で夜の雰囲気を出しているところ、PVとマッチしている感じがとても良いです。

ぼくにとってたまにYOUTUBEに聞きに来たくなる、そんな1曲です。(ぼくもこんな曲を作りたい)

 

フォトアルバム

こちらは休み(日曜日)の朝に聴きたくなるような1曲ですね!

綺麗なメロディの中に何か隠されているような、不安が覆っているような気持ちになる感じがしてそれが何だかとても良いです。

 

タイトルが「フォトアルバム」だけあって大人になってアルバムを見たときに何を思うのか?

受け取り方によっては色々な曲になると思います。

ぼくは、切なくも少し心強さもあるそんなフォトアルバムでした。最高ですね!!!

 

スポンサーリンク

 

最後に

このように色んな音楽と出会っては良いな~と感じます。それを色んな音楽好きの人にも知って欲しくて日本には素晴らしいアーティストが心を揺さぶる人がたくさんいるので、ぼくはその人達の音楽を聴くたびに「まだぼくも頑張ろう」というか、原動力になります。

 

このブログをきっかけで松井祐貴さんの音楽が好きになってくれたら嬉しいです!

ご覧いただきありがとうございました。

関連記事はこちら→いい感じのさわやかギターインストの紹介~DEPAPEPE~

スポンサーリンク