好きな事は、あなたの周りに転がっているかもしれない ~趣味を探してみよう~

生き方 考え方
スポンサーリンク

こんばんはたくわんです。

カープがついに優勝しましたね!(^^)/

本通り、街の方はハイタッチをする人、騒いでいる人でたくさんいるそうです。

ほんと市民球団の良いところで、地元民がカープと同じ気持ちで一緒になって喜び事が出来る、

本当に奇跡的なチームだし、誇りに思います。

 

*前の記事はカープの歴史について書いてあるので、是非そちらも読んでみて下さい。

参考になるとおもいますので。

今日は僕が、中学時代からずっとやっている好きな事について、

出会いや軌跡をお伝えできればと思います。(^_^)v

 

スポンサーリンク

10年以上続いているGuitar

僕とギターの出会いはこんな感じでした。

中学生、おそらく1年の頃にある友人が、ギターを公園で弾いていました。

僕は初めてその姿を見て、「なんてかっこいいのだろう」と思った事を覚えています。

とりあえず、その日かくらいに親に「僕もギターが欲しい」と親に説得しました。

 

決め台詞はこれです!

 

「ゲームするよりも、良いでしょ?」

中学生の当時、時間が余っていた僕はゲームをすると

めい一杯、頭が痛くなるまでやっていたので、親は僕がゲームを長時間する事を嫌がっていました。

そこを逆手に取ったという感じでしょうか?

 

我ながら、上手いこといえたなと感心する決め台詞です!笑

そして、ギターを買ってもらうことが出来た訳です。

僕は中学生から今現在まで、ギターが

とても大切で、なくてはならない存在になりました。

 

いかかでしょうか?僕みたいにやってみたら、めっちゃはまって行くパターンもあります。

それもやはりやってみるしかないと思っています。

小さいながらでもやりたいこと、やってみたいことはあるはずだから

親に相談したり、とりあえずやってみることを強くオススメします!

やらないと、好きか嫌いかも分りません。

 

はまるか、やっぱり自分は違うと思うのか?何も分らないからです。

僕もギター以外にも色々な事をやってきました。頭で思いついた「これやってみたいなー」ということ。

例えば、バイト・バンド・ツーリング・バイクを買う・旅行・ライブする・ライブ見に行く・県外に住み込み・1人暮らし..

様々です!やってみて今も続いていることは、きっと僕が好きな事なのだと思います。

当然続かなかったこともあります。それはそれで良いのです。

 

スポンサーリンク

 

著書「心のブレーキの外し方」、でも書いているように

「潜在意識は答えを求め続ける!」「意識が、考えることをとっくにやめてしまった後も、潜在意識は、ずっと答えを探し続ける」

つまり、やりたいと思っていたことを何かしらの理由でできなかった場合、

意識の中ではまだ、やりたいことに対して考えている。ということです。

その結果ずっと考えてしまって疲れてしまいます。

 

僕が、これだけやりたいことをやってきたのは、もちろんやらせてくれた環境もあると思いますが、1つ1つやってみたからです!

1つやってみた→解決→また次ぎのやりたいこと

と納得をしてから次に進むことができます。

是非皆さんも実践してみて欲しいなと思います。

 

僕はやりたいことが早く見つかるというのは、すごくチャンスだと思います。

まずはやりたいことを浮かべて、本当にやりたいのか?

ちゃんと明確にしてから後は、行動するだけです!

 

正解も不正神もありません。でも1歩踏み出せなければ、どこにもたどり着きません。

そんな不安に考えてしまないようにやってみることから

はじめてみましょう!

ご覧いただきありがとうございます。