ギターを上達したいけど、練習でつまづく人へ!ギターの師匠をご紹介!!

ギター
スポンサーリンク

ギターの練習してますか?

困った事ないですか?

困ってる人はこの記事をぜひ読んで下さい



身近にギター詳しい人いないし誰にも相談できない!
と悩んでいる人へ!もしかしたらあなたのギターの悩みを解決してくるかもしれないギターの先輩達をご紹介します。


ぼくは今年でギター歴12年目になりますが、今のぼくがあるのもこれからご紹介する師匠(勝手に呼んでる)が居たからです!

また、

・ある程度ギターを弾ける!

・次の可能性を感じたい!

という方にも参考になれればと思います。



ギターの師匠 夏林一彰(なつばやし かずあき)さん

早速ですがギター初心者のために発信を13年!!

行なっている人をご紹介します。(やばすぎw)


夏林さんはギター初心者の方に特化した内容で、2006年からYOUTUBEを使って初心者向けのギター解説動画をあげている人です。

例えば、ギター初心者に向けて人気曲の「〇〇を弾いてみよう!」とか「8ビートストロークの弾き方」など、ご自身も独学でギターを学んだ経験から、弾けない人目線の説明がとても丁寧で分かりやすく共感を得ます!


まさに大先輩であり、ぼくが勝手に呼んでいるギターの師匠です。その当時は、お世話になりました。

今回はこんな動画をご紹介します!


スポンサーリンク


「Fを克服しよう 初心者の為のギター講座」

Fコードで挫折される方は結構いるのではないでしょうか?でも大丈夫です。動画を見て一緒にやる事で、前よりも押さえられるようになるはずです。

Fコードの正しい押さえ方、押される時のポイントが詳しく解説されてあります。その他コードを抑える上で重要な事をおっしゃっていて、初心者の方必見です!勉強になります。

続いて

「あいみょん「マリーゴールド」を弾いてみよう」

個人的な感想を言うと「これ見れば誰でも弾けるようになるわ!」と思いますね。(笑)

それくらい丁寧に解説して下さり「ここまでするのか?」ってくらい初心者に分かりやすく、かみ砕いて説明してくれてます!中々ここまで説明してくれる人はいないと思います。


「16ビートストロークを弾こう」

ぼくも夏林さんの動画を見て16ビートストロークが弾けるようになりました。おかげで弾ける曲の幅が一気に広がりました。ちなみにストロークは8ビート16ビート、この2つが弾けたらほとんどの曲は弾けます。


関連記事→アコギでオススメのカポタストはこれだ!!JIM DUNLOP DCV50C


滝澤克成(たきざわ かつなり)さん

実に多彩な方でギター講座だけでも見きれないほどあります。なんと言ってもギターの先生をされていた方で、技術はもちろんとてもギターに詳しいので、中級者くらい人で「ある程度曲を問題なく曲カバー出来るようになったけど、どうしよ?」って方におすすめです!

演奏楽器もギター、ベース、ドラム、ピアノ?を演奏します。


こちらに滝澤さんの主な動画内容をまとめました→

  • ・初心者に向けたギター講座
  • ・ギターのメンテナンス(弦交換など)
  • ・ギター上達に向けた練習方法、練習フレーズ
  • ・ギター(ソロギター、ボサノヴァ)
  • ・エレキギター(速弾き、スイープ、など)
  • ・弾いてみたシリーズ

滝澤さんもギター初心者に向けての講座を行なっていますが、ぼくは夏林さんの動画で初心者の勉強を自分で行いました。

滝澤さんに出会ってからギターの広さというか、深さを学ぶことができました。

その名も「滝澤ギター検定」速弾き1級。この動画やこの動画↓見て練習してました。

めちゃくちゃ難しいのですが、指の独立の練習として効果絶大です。この指の動きはやっていて損しません。得られる効果として、単音のメロディを弾く場合にスムーズに弾くことができます。また小指の独立(自由に動かせる)をさせることで、音が止まることなくより綺麗に聞かせることができます。

その結果速弾きができるようになったのだと思います。


こちらは2年前のぼく早弾きを比べている動画です!

まとめ

いかがでしょうか?本当にギター初心者の為の方法がしっかりと整っていて、素晴らしいと思います。あなたがつまづいた所で検索してみて、一緒にもう一度今までのやり方を正して、挑戦してみてください。 動画はとても丁寧に解説してあります!

注目して欲しいところが、何度も言いますが中々ここまで説明してくれる人はいない!という事です。


レッスンでも時間が決まっていたり先生によって異なってくると思うので、まずはYOUTUBEにギター初心者の為の解説動画が十分過ぎるほどありますので、そこから始めてみることをおすすめします。

練習して続ければ、間違いなく上手くなります!


関連記事はこちら→ギター(guitar)10年やってきて見えた景色

それでは楽しいギターライフを!!!ご覧いただきありがとうございました。