ギター初心者がほとんど辞めていく理由

ギター
スポンサーリンク

こんばんはたくわんです!

ギターを辞める理由というのは、結構共通しているかなと思います。それは「ギターがあまり好きじゃない」こと。

正直やってみないと分らないと思います。何事も。

 

ちなみにぼくは中学1年からギターを始め、独学→すぐつまづいて→先生に習う→独学

このように先生に習った期間は1年もなく練習は、独学の時間がほとんど!

 

分らないところがあれば、教則本を見て

さらに動画を見て詳しいところは解決していきました。

動画ほんとオススメです!あとでぼくの師匠をご紹介します。

そして自分なりに試行錯誤を重ね、約10年間続けてきました。

あるとき

このほぼ極学でやってきたぼくに、「ギターを教えてください!」と頼んで来る人が現れます。

具体例を挙げているのでご参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小学生の女の子~結局は自分からやる事!

2人ぼくに「ギターを教えて下さい」とやってきたので、その2人の例を紹介します。

1人目は小学生の女の子でした。

その女の子を仮に、N子と呼びます。

 

N子はぼくの実家の近所に住んでいて、近くの公園でぼくがギターを弾いていたので

影響を受けたのか、ギターをぼくが教えることになりました。

N子は初心者にしては、すごくピッキングが上手でした。

 

しかし、これは2人に共通して言えることなのですが、

ぼくが教えなかったら、自分でやらないんですね

例えば、「自分で練習してこれが出来るようになったよ」と練習しても続かなくてまたぼくが教えてきたときにやろ!となるので

教えてあげるのは良いのですが、自ら動こうとする自主性がないなと感じました。

結局それがないと、ぼくに依存してしまって

いなくなったら練習しなくなりますから。

 

ぼくが1人暮らしするタイミングで、N子と離れ今はギターをしていないそうです。

 

関連記事→ギターを上達したいけど、練習でつまづく人へ!ギターの師匠をご紹介!!

2人目は同い年の男友達

 

スポンサーリンク

 

その友達も「ギターやりたい!!」といって一緒にギターを買いに行きました!

しかも自分のお金で。

ギター道具一式買って、

気合いが入って自分で買ったギターというのは愛着があるものですが、結局続きませんでした。

最初のコードの抑え方を教えているところまでは良かったのですが、その後彼は仕事の忙しさから全く手がつけていないと言います。

 

もしかするとギターを教えてもらったら

弾けるようになる!と思い込んでしまっているのでしょう、

そのためには自分でやらなくてはいけません。

 

教え方が悪かったと言えば、それまでですが

何事もそうではないかと思いまして、その習慣をつけるためにも自分で自分からやるということです!独学でも情熱を持って練習できるか?

ぼくもギターが上手いか?といわれれば全然まだまだですが、ギターは弾けます。

あと道中を楽しむことも大事ですね!

 

練習して、「尾崎豊のシェリーが弾けるようになった」とか(笑)

弾けなかった曲が弾けるようになるだけでも、テンションが上がりますので

練習の過程を楽しむことは長く続けていくために必要なだと感じます。

 

是非皆さんも甘くないギターライフを楽しんで練習してみてください!!

最後にぼくの師匠を紹介して終わります。

ご覧いただきありがとございました。

https://youtu.be/-WcqqJvIVhY

スポンサーリンク