ギター(guitar)10年やってきて見えた景色

音楽
スポンサーリンク

こんばんは、たくわんです。

 

突然ですが1万時間の法則をご存じですか?

何においてもプロレベルになるには大体1万時間はかかると言われています。

 

ぼくにとってギターはゆうに1万時間を超えるくらい弾いてきました!(約10年)

ならプロになっているのか?と言われればなっていませんが、ギターを続ける事で次のやりたいこと(景色)が見えてきました。

 

スポンサーリンク

模索していた7年目

「ギターは好きだけど、何か形にしたい!」

と思い立ち色んな事を始めます。ギターを始めて6~7年目だったと思います。

・バンドに応募する

・バンド組む

・ライブする

・オーディション受ける

・オリジナル曲を作る&その曲をYOUTUBEにアップする

 

色んな事をやってきたけど、最終的に「これがやりたいっ!」とおもったのが作曲でした。

幸いギターで音を重ねて作る(作曲)がとても楽しかったです!

 

様々な方向性

ギターを7年もやっていたら色んな方向性があると思います。

例えば、

・ギターの技術をもっと極める

ポジションでいうと、バンドでいうギターでバンバン弾くイメージです。

 

・1人で完結するソロギターを始める

押尾コータローさんや松井裕貴さんのように、ギター1本で様々なパートをこなす。

関連記事→こちら

・ギター2人でギターインスト曲を演奏する

ぼくが知っているのはDEPAPEPEというグループです。

良いところは2人で音楽が完結するところです。気軽に曲が作れる所がイイですね。

関連記事→こちら

 

・作曲する

ぼくみたいに(笑)作曲に目覚めることもあります。これはパソコンや作曲環境があれば1人でできてしまうので、自分がどの性格か?というのも関係してきそうです。

 

全くと言ってもいいほど作曲していませんが、良かったら聞いてみて下さい。 初めて作った曲で「いつも空」https://youtu.be/t7sKYtoxcLg

結構7年目とかは、「自分のやりたいことは何なのか?」と模索していた時期なので、作曲という道が開けたことは嬉しかったです。

 

作曲はスキルと言うよりもメロディーが生まれるか?だと思います。

ぼくは決してギタースキルは高くないし、メロディーも降ってこないこともよくあります。

作曲に関して素人ですが、作って誰かに聞いてもらうことが好きです。(打ち込みは苦手意識あるけど)

 

スポンサーリンク

まとめ

おそらく長年、同じ事をしていると「本当は何がしたいんだろう?」

という壁に何をしててもぶち当たると思います。

とにかく色んな事をやってみることで、解決策は見つかると思います!

 

ぼくだって作曲までに

・バンドに応募する

・バンド組む

・ライブする

・オーディション受ける

をやってきました。最終的に作曲することが残ったのです。

 

だからもし「自分のやりたいことが見つからない」と嘆いている人は色々と手当たり次第、「これやりたい!」ということに果敢に挑んで欲しいです。きっと自分にあう道が開けて、今までと違う景色が見えるはずです!

 

ぼくは音楽という自由な譜面の中を泳ぎながら、これからも作曲活動をしていきます!!

 

ご覧いただきありがとうございました。