[ギター歴10年]実際にやっているギターメンテナンスのはなし

音楽

こんばんは、たくわんです。

最近は音楽の話が多いですが、こう見えてギター歴10年以上あります。

 

ほとんど独学でやってきてぼくが実際にメンテナンスこんな事しているとかやった方が良いことをご紹介します!ギターを始めたばかりの人は「何をしたら良いのか?」「練習すら何やったら良いのか分らないのに、メンテナンスもする事あるのかよ~」と思われるかもしれません。

 

練習でいっぱいいっぱいなのは分ります。が、ギターは木でできています。つまり生きているんですね。湿度や乾燥にとても弱く、メンテナンスしないことですぐに異変がきてしまいます。そうならないためにもアドバイスをしますね!

 

ギターの最適な湿度は50~60%

先ほども書きましたが梅雨~夏場は湿度が高くなり、冬は乾燥に気をつけて下さい。何も気にせずにそのまま放置しておくとギターが反ってしまいます。反るとどうなるか?ギターがいつもより弾きにくくなり、音が上手く出ない(ビビる)ようになります。

 

これは致命的でぼくも数多く経験してきたことですが、やはり弾きにくいというのは練習に身が入らなくなる原因になりますので、この湿度50~60%を上手く調節して下さい。

*湿度計は1つ持っておいても良いと思います。

 

梅雨~夏場

この時期(特に梅雨)は湿度が70%を超えるため、クーラーを使って湿度を下げる必要があります。また他の方法は、除湿器を使う。であったり何かしらで湿度を下げるようにきおつけて下さい!

湿度の高い時期に何もしないと、確実に反ります!!!

 

また直してもらうことも修理代がかかる!と言うことを頭に置いておいて下さい。

 

冬場

冬場は乾燥しますので、部屋が寒いからといってギターがある部屋で暖房をガンガンにかけていたらギターはすごく乾燥してしまいますね。最悪の場合ネックや指板、ボディに割れが生じたりしますのでご注意下さい。

 

また冬場は外気との温度差にもきおつけて下さい。冬場にギターを車に乗せるときは、寒すぎるのも良くないと思うのですが、やはり暖房をかけすぎないこと。ギターを保管しいていた場所から温度が違う暖かい場所に移動するとき、ギターをすぐにケースから出すのでは無く、10分くらい経ってからケースを開けるようにする。

 

この温度差がギターには良くないのです(人間もそうだと思う)。

 

弾き終わった後は拭いてあげる。時に保湿してあげる

初心者の方は見落としがちですが、ギターを弾いた後は手汗がスチール弦に着いていますので次弾くためにも拭いておくことをオススメします!

弦を長持ちさせるためにも、弾き終わったら弦を拭く習慣をつけましょう!その結果弦は長持ちして、交換する頻度も少なくて済みますよね?節約です。

長持ちする弦はこちら→「エリクサー」堅さは普通のライトです。ここ数年はエリクサーの弦を使ってます。

保湿

冬場は特に乾燥します。その乾燥を防ぐ為にギターの指板にレモンオイルを塗って保湿します。タイミングはそれぞれですが半年1~2回で、弦を交換するタイミングで行ないましょう。弦を変えるときにレモンオイルを指板に塗ってあげて下さい。そうすることで指板の保湿が保たれます。これもギターを大切にする為ですね。(中々やることはありますが)

実際に使っているレモンオイルはこちら→「フェルナンデス」のレモンオイル

 

楽しいギターライフを

やることはたくさんありましたが、これをやっていたらぼくは大丈夫だと思います。

人間にとって居心地の良い環境がギターもにとっても良いこと。

まとめると

・湿度は50~60%にする

・湿気・乾燥に気をつける

・ギター使用後、拭いてあげる。保湿する

 

弦を緩めた方が良いのか?という事がよく書かれていますが、ぼくは緩めていません。

毎日使うのでしたら当然緩めなくていいでしょう。2週間に1回ペースでもぼくは緩めていません。緩めなくても基本的に何も変わりません。長期間使用しないなら、弦をとりますが。

 

特に始めはギターを反ってしまいがちですが、経験上あまり良いものでは無いので以上のことを気を付けることで、楽しいギターライフが待っていると思います。

長くなりましたがご覧いただきありがとうございました!!!