敷金礼金0円の初期費用&退去費ははいくらかかるの?メリット&デメリットも紹介

敷金礼金0円の初期費用&退去費ははいくらかかるの? 一人暮らし

こんにちは、たくわんです!


これから賃貸を借りる人は、「敷金礼金0円の部屋はどうなの?」とか「怪しい!!」と思う人もいるでしょう。


そんな疑問を抱いている方に

実際に体験した敷金歴金0円の部屋に2年間住んだ経験から、かかった初期費用とメリットとデメリットをお伝えします。


結論から言うと、初期費用は10万円くらいに抑えれますが環境や設備が整ってない印象を受けました。


0円というのは良いところばかりではないということも頭に入れておくと良いと思います。

スポンサーリンク

敷金歴金0円賃貸で初期費用はいくらかかるの?

まず初期費用とは

初期費用とは、住宅の購入や新築時にかかる費用のこと。また、賃貸住宅への入居時にかかる費用も初期費用という。さらに、引越し費用や家具購入費用も含めて初期費用ということもある。(サイト引用)

簡単に言うと、ご自身が入居するまえに必要になってくるお金です。


ちなみに家賃32,500円だった敷金歴金0円の部屋は10万円もしませんでした。


それ以外にかかるお金は

洗濯機、冷蔵庫などの家具やト一レットペーパなど日用品はが考えられます。


一例として参考にしてみて下さい。(筆者たくわんの場合)

  • 荷物は家族の人に車で送ってもらった
  • 洗濯機、冷蔵庫は現地で調達した


以上からお金をだいぶ節約して、1人暮らしを始めることができました。


よく他のサイトを見てみると、引っ越し費用は「30~50万用意していた方がイイ!


と書いてありますが、おそらく先ほどの家具や日用品などの生活必需品を含めた値段かと思います。


あらかじめ準備してある方は、それほどかからないということですね。

ちなみに初期費用が安い物件は、敷金礼金が0円になっているところです!


続いて、失敗しないための口コミサイトがあるので

これから新しく賃貸を借りようとしてる人に向けてご紹介します!

これから住む賃貸の情報が気になる人は、マンションノートという口コミサイトを見ておこう!

マンション名で入力すると、実際に住んだ人の口コミが見れる

マンションノート

マンションノートホームページ


マンション名で検索をかけたら実際に住んだ人の口コミが書かれてますので、ご参考にされて下さい。


正直このサイトを住む前に知っていればこのマンションには住んでなかったでしょうね(笑)


*のってない物件もありますし、口コミを見るにはポイントが必要です。


敷金礼金0円の賃貸に住んでみたデメリット

私が選んだ場所は、京都(東山区)でした。街に近くて交通の便が良かったですが、山の向かい側という少しへんぴな場所にありました。


最初は住んでいてとても静かな場所で、家賃も安くて「いいな~」と思っていましたが、

とにかく虫が大量に出る!!

夏場は特にセミが「ウィンウィン」鳴いているわ、がそこらに飛んでいたり、部屋にムカデ入ってくるわ、でさんざんなめに遭いました。


ムカデには2回かまれてしまいさすがに命の危険を感じて引っ越しました。(^_^;

しかも毎回大きなムカデに遭遇するので 、床で寝るのが少し恐怖でした。

ネットの電波がすこぶる調子悪かった

先ほども書いたように山の近くに建てられたマンションでしたから、電波がたつかたたないか?

という感じで電話が特につながりにくかったです。


職場からの重要な電話も会話が途中で途切れたり、つながらないことがしばしばありました。


0円というのは良いところばかりではないということも頭に入れておくと良いと思います。


それ以外は不満な所はありませんでしたが、長く住もうとはとても思えませんでした。


結果2年で退去したわけですが、退去費はどれくらいかかるの?

という話が気になると思うので、包み隠さずにお伝えしますね。


ネットで調べると礼金0円の物件は「退去費を結構請求された」という事を見たこともありましたが…

敷金礼金0円賃貸でかかった退去費は、、、なんと0円

*契約時に「退去費用が〇〇円かかります!」とあらかじめ書面に書いてある物件もあります。


これには私もびっくりしまして、ある程度はかかるだろうなあと予想していましたが、

後日管理会社から封筒が送られてきて、費用はかかりませんでした。と書いてあったので拍子抜けというか、ラッキーでした。


なぜ0円だったのか?を振り返ると、シンプルですが部屋を綺麗に保ち傷つけないことです。


私が実際にやったことはこちらです▼

・床掃除やトイレ掃除を定期的に行う

・乱暴な扱いをしない(もので)

・壁は傷つけないように工夫する


関連記事はこちら

1人暮らしで買って良かったモノ!

まとめ:振り返ってみて

良いことも悪いこともあったけど、見切り発車をして「今すぐここに住みたい」と速行動すると一例ですがこのような目に遭います。


経験上焦って決めることは、あまりオススメできません。


しっかりと条件や周辺の環境をじっくり考えて行動する事が大切です。どうしようか迷ったら一度紙に書き出しみる事をオススメします!


視覚的にこらえることで、より自分にあった条件を出せるかも知れません。

迷ったときはマンションノートという日本最大級のマンション口コミサイトを使って、情報を集めてもいいでしょう。


たしかに、すぐに住みたいという気持ちは分ります。そこには色々な理由がありますね。


しかし、住んですぐに退去せざる得なくなった時を考えてきちんと選ぶことが大切です。


結論、敷金礼金0円の賃貸は

かなり初期費用は安く済ませることができますので

安く部屋を借りたいという方は、敷金礼金0円は必見です。


デメリットも見据えた上でご検討されるのがかしこい選び方かなと思います。


ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク