「チョコレートドーナツ」という映画がとても良かった件

映画

 

こんばんわ、たくわんです!

やっとWordPressの設置が完了しました。

やっている時間をまとめるとそんなに時間はかかりませんでした。

半日もあればいけると思いますね!

 

といいながら、まだ完成ではないので

完成次第、WordPressからブログを書きたいと思います!

これまで読んでくれた方、これからも読まれる方どうぞ

たくわんをよろしくお願います。

ヒューマン映画(洋画)「チョコレートドーナツ」

チョコレートドーナツ ☆5つ(満点(^_^)v)

 

皆さんは映画のレビューが多いと思いますが、皆さんがやっているのでぼくは

いかにネタバレを少なくして、「この映画、観てみたい」と思って頂けるか?

そういった所に着目して書いていこうと思います!

 

ヒューマン映画好きのぼくが今回見た映画が「チョコレートドーナツ」という映画です。

この映画を見て、人間の愛に感動しました。

 

赤の他人が出会い、好きになる。それは男性同士であっても変わらず、美しいことだと感じました。

そして他人の子を我が子のようにかわいがっていく2人の愛には感動させられました。

ストーリー

主な主人公はルディとポールそしてダウン症の少年マルコです。

ひょんな事から3人が繫がるわけですが、まるで赤の他人同士。

 

お互いが上手く生きていくためには?ルールや規則は関係ない!

ただ幸せになりたい、と強く願う人達の物語です。

自分やこう願っている。大切な人が「ありのままに生きたい」という願いを叶えるため、もがき苦しむ場面がこの映画の見所だと思います。

 

ダウン症という病気は、正直どんなものか分りませんが、1つ分ったことはその子の意思はしっかりとしているということ。

 

嬉しいときは嬉しいし、悲しいときは悲しい。

そんな当たり前に持っている感情を大切にしたい。

愛するということの素晴らしさを感じました。

 

個人的に最後の歌がとても良かったです。

 

「人を愛すること」ぼく自身まだ分らないことだらけで、

少なくとも、同世代(20代前半)より年配の大人には響く内容になっています。

 

よく「愛が1番大切」みたいな言葉を聞くから、ぼくはそうなのかな~とぼんやり思ってしまうタイプなのですが、知っている人にはより理解できるのではないかと思います。

でも、今のぼくだからこそ、感じることがある気がしていて

まだ父親になったことがないけど、「父親ってこういうものなのかな?」と今の年でイメージしたりもしています。

 

このお話は本当の血の繫がった家族の話ではありませんが、

ないものをお互いが埋めていく作業は、それはもう家族に近いなのかもしれませんね。

 

あと、字幕でも見やすくて良かったです!満点の☆5つです!!

これで「チョコレートドーナツ」のレビューを終わります。

ご覧いただきありがとうございました!

こんな映画も見ました「ボヘミアン・ラプソディ」を観た感想