Queenを知らない人でもすごさが理解できる映画「ボヘミアン・ラプソディ」

映画
スポンサーリンク

つい先ほど、ボヘミアンラプソディを観てきました。

 

先に感想を言うとぼくはとても満足し、感動しました。

 

終わってすぐにこの気持ちを伝える為に書いているのですが、少し身体が震えています。(汗)

これは長時間、同じ体勢でいた身体の痺れなのでしょうか?それとも映画の感動により起こってしまったのかは分りません。

 

Queenという伝説のバンドがぶつかりながら迷いながら生きた人生に、恐れ多いですが自分と重ねて見て感じていました。

 

スポンサーリンク

 

ストーリーもしっかりあり見応えがあり!

これはフレディマーキュリー(Queenのボーカル)の映画ではなく、Queenの映画なのだなあと感じました。彼らの栄光・失敗・友情・苦しみ・たくさんの喜怒哀楽があり、ぼくらには計り知れない、ことをこの映画を知り

とうぶんこの熱が冷めなかったことをお伝えしておきます!

 

映画を観てQueenがより好きになりましたし、

「こんな時に生まれた曲なんだなぁ」と思いながら聴くことよってより深みが増すと思ってます。

 

彼の考えに進んでいく、バンドメンバーも良いなあと思いました。

 

「バンドはファミリー」

と言ってたように、フレディーマーキュリーにとってQueenは無くてはならない存在だったのかもしれません。

 

Queenが成功したのは決して一人で成し遂げた成功ではなく

周りの人の支えがあってのバンド、映画となってます。最高の仲間や支えてくれる人が周りにいたから、きっと大きな事をなし得たのだと思います。

 

またボーカルのフレディマーキュリーは特徴的な人です。

 

彼を一般的に見たらこういう言い方をされると思います。

「あたまがおかしい」と。

・安定の道を平気で踏み外していく。 

・常識という考えを超えていく。

 

例えば、Aという道を選べば安定していい評価を得られる。

しかしフレディマーキュリー、Queenは彼の思うままに自分が正しいと感じた事を大切にしていました。

安定とかリスクがあることは関係なく、誰に何を言われようと突き進みます。

 

つまり、

安定はしていないが、本人が楽しみながら進んで最悪であり最高な道を選ぶのですね。

こういう姿を見習いたいものです。

 

「ボヘミアン・ラプソディ」は涙腺が緩くなる映画でもあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ぼくの中で

いい映画で、控えめに言って「最高なんですけど」と誰かにいいたくなる

つい友達に紹介したくなるようは、映画となりました。

 

関聯記事→「映画チョコレートドーナツ」は愛のある作品

 

「ちょっとだけQueenを聴いたことある」という人も

楽しむことができる映画です!

 

ご覧いただきありがとうございました!