「ボヘミアン・ラプソディ」を見た感想

映画

つい先ほど、ボヘミアンラプソディを観てきました。

 

先に感想を言うとぼくはとても満足しました。感動しました。

 

終わってすぐにこの気持ちを伝える為に書いているのですが、少し身体が震えています。(汗)

これは長時間、同じ体勢でいた身体の痺れなのでしょうか、それとも映画の感動により起こってしまったのかは誰も知りません。

 

Queenという伝説のバンドがぶつかりながら迷いながら生きた人生に、恐れ多いですが自分と重ねて見てまいした。感じていました。

映画を見る前、Queenについてぼくが分かる事はバンド名と曲を少し知っている程度。

 

そんなぼくでも「ボヘミアン・ラプソディ」という映画は満足できました。

ストーリーもしっかりと中身があり見応えがあります。

 

これはフレディマーキュリー(Queenのボーカル)の映画ではなく、Queenの映画なのだなあと感じました。

 

Queenが成功したのは決して一人で成し遂げた成功ではありません。

周りの人の支えがあってのバンド、映画となってます。

 

またボーカルのフレディマーキュリーは特徴的な人です。

 

彼を一般的に見たらこう言う言い方をされると思います。

「あたまがおかしい」と。

 

・安定の道を平気で踏み外していく。 

・常識という考えを超えていく。

 

例えば、Aという道を選べば安定していい評価を得られる。

しかしフレディマーキュリー、Queenは彼の思うままに自分が正しいと感じた事を大切にしていました。

安定とかリスクがあることは関係なく、誰に何を言われようと突き進みます。

 

つまり、

安定はしていないが、本人が楽しみながら進んで最悪であり最高な道を選ぶのですね。

こういう姿を見習いたいものです。

 

映画を観てQueenがより好きになりましたし、

「こんな時生まれた曲なんだなぁ」と思いながら聴くことよってより深みが増すと思ってます。

 

また、

彼の考えに進んでいく、バンドメンバーも良いなあと思いました。

 

「バンドはファミリー」

と言ってたように、彼にとってQueenは無くてはならない存在だったのかもしれません。

かっこよすぎて、歌詞よすぎて、ドラマがあって感動しました。

 

終盤は泣きました。(ボロボロと)

 

とてもいい映画でした。最近は「チョコレートドーナツ」といい「ボヘミアンラプソディ」といい

いい映画ばかりで、控えめに言って「最高なんですけど」と誰かにいいたいです!(笑)

 

ちなみに、「チョコレート・ドーナツ」は最近の映画ではありません。

記事はこちらで書いています。「チョコレート・ドーナツ」

 

「ちょっとだけQueenを聴いたことある」という、にわかのぼくでも楽しむことが出来ました!

非常に満足してます。

 

近所の映画館で「爆音映画祭」っていうのがあるらしいので、少し気になりつつも

これで感想を終わります!ご覧いただきありがとうございました!