洋楽っぽい?!オルタナティヴ・ロックバンド「ストレイテナー」のご紹介

音楽
スポンサーリンク

こんにちは、作曲とブログ好きのたくわんです!

 

2018年でバンド結成20周年を迎えた4人組オルタナティブ・ロックバンド「ストレイテナー」。曲がかっこよすぎるので、ぜひ知ってもらいたいと音楽好きのぼくは強く思います。

 

簡単な経歴と、個人的に格好いい曲のご紹介します。

略称は「テナー」

バンド名には「真っ直ぐにする人」という意味がある。ほとんどの楽曲を作詞作曲しているボーカルのホリエアツシさん。

 

彼が作る曲は聞いていて、なんだか曲が生きているように感じました!!!

 

スポンサーリンク

 

ストレイテナーの経歴

1998年、ボーカルとドラムスの長崎市出身の2人で、ストレイテナーを結成。

2003年にメジャーデビューし、ベース日向秀和、後にギター大山純も加入し

2009年には全国ツアーファイナルを初の日本武道館で行う。

 

「ストレイテナー」をもっと知りたい方はこちら→今年で結成20周年。ストレイテナーは日本で最強のロックバンドだ。

 

メンバーが2人から→3人→4人へとバンドの形が変わって行くのですが、この記事で印象的だった言葉が

変わり続けるからこそ、変わらずに生きてきた」というカナダ出身のミュージシャン、ニールヤングの言葉です。

「ストレイテナー」の曲は音楽が生きている

初めて聞いた時に、ストレイテナーの曲はメロディーが生き生きしてて、新鮮で

流れる音楽にすがた形はないけれど、まるで生きているように感じました。

 

格好いいバンドや音楽はこれからも生まれるだろうけど、20年もやって来ている彼らの音楽は聞く人の耳に残る。でもそれが音楽の良さかと思います。

これまでの試行錯誤の末にできている曲が、格好よくて、いい曲とであった時のような胸を高鳴りを感じました。

 

スポンサーリンク

 

ストレイテナー「Boy Friend」

リズムはゆったりしていますが、自分たちが作りたい曲を作っているように感じよかったです。まるでメロディーが泳いでいるようなそんな気持ちになります。作詞・作曲:ホリエアツシ

ストレイテナー「Melodic Storm」

こちらは結構聞いたことがある曲かと思います。作詞・作曲:ホリエアツシ、編曲:ストレイテナー

 

ストレイテナー「シーグラス」

ストレートなロックナンバー


ストレイテナー「シンクロ」

ギターの音が印象的に残る1曲。

ホリエはこの曲について、「一歩間違えばダサくなるかもしれない、クサくなるかもしれない、ギリギリのキワキワの生と死の臨界点に達したような曲」

Wikipediaより

 

 

関聯記事→岡崎体育!初めてのアルバムを手にする人へオススメ!間違いないアルバム「BASIN TECHNO」

いい曲が作れるのは、自主レーベルだからか?!

自主レーベル
とにかくフットワークが軽い。思いついたらすぐ行動に移せる。だが、プロモーションなどの費用を工面するのが大変。
近年は配信が増えてきたので、CD生産よりハードルは下がり、在庫を抱えるリスクがなくなった。個人でのリリースは自主レーベルがほとんど。そのため配信サイトへ新規のリリースが殺到、収拾つかなくなる。新たに配信を始める場合はアグリゲーターに代行してもらう。
還元はほぼ100%。うれたら億万長者。大金叩いて巨大ビジネスに挑戦するか、コツコツ地道に運営するかも個人の自由。メディアに予算かけたくない!そんなものにごまかされない!自分がメディアとなって発信する!それも自由。
レーベルの動きをある程度知らないと立ち上げるのは難しい。無知でも、よほど好きで研究して、立ち上げたオリジナリティあふれるレーベルは面白い。
マネジメントやブッキング、アートワークやプロダクションまで、第三者に協力をお願いすることも。自分で全てできるならいいんだけど。。。
イチからヒャクまでやること万歳だけど、楽しいしやりがいがあるのも事実。サイト引用
また、ボーカルのホリエさんはこう言っています。
事務所にも2年近くいたんですが前に進んでいる気がしなかったんですよ。サイト引用
自分たちの曲を作り続けるために、自分を偽らずに作ってきたのではないでしょうか?少なくともぼくにはやりたいことやっている感じが、曲から伝わってきます。
まさにニールヤングの「変わり続けるからこそ、変わらずに生きてきた

まとめ

色んな曲を聴いて音楽は素晴らしいということを知って欲しいし、音楽は人を癒やしてくれます

ぼくはすごくパワーがあると根拠はないですが、そう思っています。

 

少しでも音楽好きの人に、日本には格好いいアーティストがいるということを知って欲しくて、「ストレイテナー」を聴いていたらそう思いました!

あなたがまた新しい曲にであえたら嬉しくお思います!ご覧いただきありがとうございました。

 

関聯記事→Mr.Children ニューアルバム「重力と呼吸」 ~ファン歴8年がミスチルを語る!