アコギでオススメのカポタストはこれだ!!JIM DUNLOP DCV50C

ギター
スポンサーリンク

こんにちは、たくわんです!

 

ギターを始めて徐々に年月が経ってくると、カポタストを購入するかと思います。

正直どれを買ったらいいのか迷ったり、オススメのカポタストと調べてもよく分らない人はこの記事をご参照下さい。

 

ギター歴10年のぼくが実際に使って、良かったカポタストをご紹介します。

 

先に結論を言うと、ねじ式のカポタストチューニングが崩れにくく力加減を調節できるのでオススメです。

 

カポタストのざっくりとした種類の紹介!

ざっくり3種類あると思います。

1.ゴム式カポタスト(安いが、オススメしない)

2.バネ式カポタスト(チューニングが狂いやすい)

3ねじ式カポタスト(バネ式よりチューニングが安定する。個人的にオススメ!

*2.3はゴム式よりも値段が上がります

気になるお値段は、2~3000円のカポタストで十分いいものがあります。

3種類試してきましたが、ぼくが使うカポタストは1つです。

 

ねじ式で2500円くらいのカポタストを使っています。

詳しい理由はこちらに書いています▼

 

スポンサーリンク

 

オススメのカポタストはこれだ!!JIM DUNLOP DCV50C

 

使いやすさが他のゴム式、バネ式と比べると1番良いと感じます。

用途やご自身のスタイルに合わせた、カポタストを選んで頂ければと思います。ちなみにぼくは、ライブはしない家で弾くだけDTMを使って作曲時に弾くといったスタイルなので、ねじ式カポタストが1番合っていました。

JIM DUNLOP DCV50Cのメリット

1.チューニングが狂いにくい。

2.力加減が自分で調節できる

3.見た目がいい!(笑)

やはりチューニングが狂いにくいことが、最大のメリットです。

 

例えば、カポタストを付けて練習する場合。

弾いているたびにチューニングが崩れてしまうようなら練習が面倒くさいと感じるかも知れません。

 

しかしねじ式の場合は、自分で付けるときに締め具合を調節できますので、チューニングを気にすることなく練習できます!

また見た目に高級感があり、いかにも「ギター弾けますよ」オーラがでてて、ポイントが高いと思います。笑

 

見た目は格好いいですし、ゴム式よりも素人感は抜けて見えます!

 

\Yahoo!ショッピングにて2,510円で全国送料無料

JIM DUNLOP DCV50Cのデメリット

1.曲中に転調するような楽曲を弾く時に向かない

2.すぐに取り付けることができない

 

ライブなどすぐに取り付けたい!という人には向いていないです。どうしてもねじを閉める作業がありますので、時間はかかります。

 

また曲中に何度もカポタストを移動させることは難しいです。そのスタイルであれば、ゴム式が便利です。こんな感じに使います▼

 

関聯記事→アコギのピック何選べば良い?オススメするピック「Jim Dunlop/ジムダンロップ」をご紹介!

ゴム式とバネ式について

ゴム式カポタストとは

初心者がまず買う入門編のカポタストかなと思います。お値段は500~1,000円くらいで、安価ですが性能はあまりよくありません。

 

はっきり分るポイントは、今まで紹介してきたカポタストより押さえが甘かったり、装着に時間がかかるというデメリットがあります。

ゴム式カポタストはゴムを伸ばして装着するので時間がかかります。また付けても音が上手くならないこともありますので、あまりオススメしないです。

 

カポタストはどんなものか?試しに買ってみるのはありだと思います。

 

関聯記事→アコギのピック何選べば良い?オススメするピック「Jim Dunlop/ジムダンロップ」をご紹介!

バネ式カポタストとは

取り外しが非常に簡単です。付けるときも外すときも持ち上げて移動するだけ。

素早い動きを必要とする人には便利なカポタストです。

 

しかしぼくみたく、家で弾くだけライブしないDTMの作曲時に使う。といった用途で使うならバネ式カポタストにする必要は特にありません。(ご自分の判断で)

 

バネ式カポタストと同様、見た目のよい気品の溢れるゴージャス感が漂います。形に惚れて買う人もいるかも知れませんね(笑)。

 

まとめ

以上、アコギでオススメのカポタストをご紹介しました!

 

お使いになるアコギで「どんな使い方を普段しているのか?」また「カポタストに何を求めて練習するのか?」といった事を考えて、今後のカポタストを購入してみて下さい!!

 

\Yahoo!ショッピングにて2,510円で全国送料無料

ご覧いただきありがとうございました!